ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cup Needle

縁あってある先生と懇談する機会を得た。

この方なんと剣道7段。

ボクの勝手な解釈で、もう5段以上になってくると技術以上のものがないと昇段できないと考えていたので、率直に尋ねてみたらやはり7段というレベルはその域だそうだ。

相手が切りかかってくる瞬間にもし動揺すれば、その姿は剣先に表れる。そんな様ではこのレベルにくるとまず生き残れないという事らしい。その技術も計り知れないけれど、昇段審査するってその見る眼がある人がいるって事もすごい。剣先やその姿、動きからそれを読む事が出来なければならないのだから、少なくともその審査員だってその次元にいるって事だ。そこはもはや技術を超越しているって事だよね。







ダートトラックレースライドにも似た事を感じている。



「まだまだもっと追求の余地がある。」とわくわくしてる。



GNCライダーの中にまだオレが及ばないライダーがいると感じてる。でも納得してたらつまり斬られて殺されちゃうって事だから、もっと強く、速くなるよ。幸い殺し合いやってるわけじゃないから一度や二度...まあ、ボコボコに負けたって大丈夫(笑)。 



(自爆は問題外ってぢさんが言う。少しは通じたかな?皆で気をつけようね。)




ダートトラックレースは楽しいね!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/85-8eb83ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。