FC2ブログ

ft ダートトラック通信

"Run like tumbleweed" 二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

安物工具の魅力とブランド工具の魅力


20200413095200eb9.jpg

ブランド品と安物、どちらの工具にも魅力があります。


ブランド品には所有感、使い心地の良さ、精度の高さ、作りの耐久性や永久保証があります。ノーブランド物はとにかく廉価。加工できて、万が一壊しても惜しくない。潔く使えます。


買ってみたもののすぐに動きが渋くなってしまい、使わずそれでいて捨てられずにいたラジペンを加工し、特殊工具として生まれ変わってもらいました。(画像右が加工後の姿。見た目は全く気にしません!)


トーチ(バーナー)で炙ったり溶接したりと熱が加わったのがむしろ幸いしたようで、動きもスムースになりました。さて、実際にどれだけ「使える工具」かこれから様子をみましょう。


ちなみに日本国内で販売されているノーブランド製品の質はこちらより2段階高いです。消費者の眼が鍛えられている事を表しているのでしょう。細かいことは省略しますが、当地でネジは消耗品です。






dwntwnindy2.jpg


Covid-19ウィルス感染拡大防止のためのロックダウンは3週間目に突入。学校は休校から間もなく1ヶ月になります。


ダウンタウンはガラガラです。ハイウェイの交通はそれなりにありますが、とにかくサイレンの音を聞く回数が以前より増えてます。事件内容はともかく「盗むより盗まれる方が悪い」といった時代遅れのフレーズがまかり通るこの国では、残念ながら犯罪の増加は然る出来事のようです。職場近くにヘリポートがありますが、離着陸の回数も増えています。


ラジオから「Do your part.」(あなたがするべき事をせよ。)というフレーズをよく聞きます。政府、周囲がどうこうではない、明日は我が身と思って今を精一杯生きるべきではないかと言われている気がするフレーズです。



自然界にとって人間が悪玉ウィルスにならない、そうありたいものです。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/797-0c22bf82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)