FC2ブログ

ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

試作中。



twmufflerprojecttailview1.jpg

試作エキゾーストパイプ、マフラーの位置見極めをしています。






”リヤタイヤの迫力に勝るとも劣らずのエキゾーストマフラーを!”



さて、長らくスーパートラップの市販品を使用していましたが、オープンエンドでもレース・トラックでは周囲に埋もれてしまい、戦いに向いているとは言えませんでした。



TWには教習車とか初心者用というイメージもあるようですが「迫力のあるTW」というのも、仕上げ方によって演出できると思うんですね。

TWexhaustdrawingimageone.jpg


オークションに売られている汎用マフラーは手頃ですが、専用サイズにできている訳ではありません。適当に決められているので取り付けてみるとスタイル、デザインのバランスに狂いが生じます。パフォーマンス面からしても結局手直しが必要になるとすれば、安くない買物になってしまいます。個人的にメガフォンマフラーのデザインが好みで、「TWに似合う物」が見当たらなかった事から、ならば1から作ってみようと始まったこのプロジェクト。


競技専用のつもりですが、進めていくうちに思う事がいくつも湧いてきます。


twmufflerprojectsideview2_3.jpg

ショート化してみるとトレンドスタイルに近くなり、重心を下げる(及びマスの集中)観点からすればこれがいいですけれど、最低地上高がもう少し欲しくなる、折角のメガフォン・デザインの迫力が出てこない。


twmufflerprojectsideview5.jpg
カチあげてみると、元気なイメージは出ますが駐車中など間違いなく雨水は侵入するでしょう。


twmufflerprojectsideview4.jpg
イメージ的にはこれが近いかな…角度を変えてみると、右側のリーン・アングル(バンク角)がもう少し欲しくなってきたり…



思い切って取り回しを後方、上方へ持っていってしまうと、「それならアップ・マフラーでいいじゃない?」



レースの事だけ考えれば配慮のいらない部分ですが、そこは元々がバイク屋の性分なんでしょうね。



タンデムステップも残すか否か等…早く形にしたい気持ちと、妥協したくない気持ちとでジレンマに陥っております。



-------------------------------------------------------------------------------

インディは夏真っ盛り。本日の最高気温摂氏35度。体感気温で41度。なかなかの暑さで、スイカがよく売れています。ピザ、ハンバーガーよりは冷そば、冷うどんを食べたい気分。←まずそんな食堂がそこらにない!作るのにお湯を沸かして部屋を暖める気がしないので結局シリアルとバナナ食っておしまい!


中西部の皆さん暑さに弱いのか、とにかくエアコンを強くします。屋内は寒く感じるほどです。で、外との温度差でクーラー病。。。その温度設定、間違ってませんか!?




令和元年・TW125/200/225 オーナーズミーティング開催!9月に磐田で会いしましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/787-20ea6ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)