FC2ブログ

ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

フレーム・デザイン


image000000.jpg
いつぞやミッドアメリカスピードウェイのピットにて、ウッド・フレームのロータックス。


ダートトラック・ツインショック・フレームデザインとして完成していて、これを超える物がない。全く見事という他ない。





モノショックの利点はあります。がしかし、このツインショックを超えるがための選択にしか思えなくなってくる。どちらが優れているかといった観点ではなく、ただエンジンが進化を続け、それに合わせてフレームデザインの可能性を追求できる点で主流になっていっていると解釈する。

そんな訳で今となっては少数派、またはビンテージ扱いですが、シャシーから見た戦闘力は全く遜色がないと思います。ショートトラックからマイルまで幅広くカバーする究極の一品。



(エンジンについて書き始めると終わらないので追記していくか…また別の機会に。)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/775-f7b25a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad