ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

車の進化は人間の退化⁉︎

Westfield Powersports で見かけたヴィークル↓。バギーでオフロード、面白そう!


20170419_124034.jpg

さて、「これがもともとの、本来のクルマの姿だよな。」っていうのが第一印象。







でも、もう普通のヒト達、一般多数には「本来のクルマの姿」とかってどうでもいいんじゃないか?これも「遊園地の乗物」が売ってる程度にしか映らないんだと思うし、ある意味見事です。



パワーウェイトレシオ(馬力:重量比)1.0級の動力性能を持つオートバイが、おもちゃにしか映らないという人も多数。




20170419_125352.jpg
シンプルな運転席 (ピンボケですいません。)


20170419_125338.jpg
乗る人間が運転直前に読んでいるとも思えない、デザイン台無しの義務表示。ザンネン。






当地でも「お願いですから自動運転機能に操作任せて、おとなしく車内に収まっていてください。」という、アブナイ運転手に沢山出くわします。レースを中心に生きてきた目線からすると、安全のために開発した部品を生産する会社が倒産しなくたっていいはずなのに、アクシデントの責任を取る羽目になって倒産してしまったり、この国でなんだかおかしいと感じる事は結構あります。皆して装甲車に乗るべきなのか?


オートバイに乗ろうという人間には、多少なりともリスクに覚悟がある点が救いです。自らの意思で操作する、その技術を磨くというの事は、世界が面白くあるために必要だと思いませんか。(この国のデカさ、運転時間の長さを考えると自分でも自動運転に任せたい時はあります!インディアナ州内で言っても自動車以外の交通手段はほぼゼロ。無きに等しい!)






クルマを作る方々へアイディアをひとつ。

img_a5c3a2bcbce6f120bb9e2fca5c2b08d1468955.jpg

自分は見てみたい。そろそろいい頃ではないですか?技術は揃っていると思うし。今なら未来的ですよ。


コーナリング(進む方向)に合わせてイン側にロールするクルマ




コメント

どこで踏み違えたのでしょう。

初めまして・・・ポラリス・バギーの画像に魅かれてお邪魔しました。

一度だけバーハンドルで跨ぐタイプのATVに試乗し「こりゃアカン」と白旗上げた自分。
・・・バイクのつもりで体重移動で曲げたくなるので馴染めなかったんですね。
このカート・タイプなら乗れる!きっと面白い!とニヤニヤしてしまいました。

昨今の四輪が向かっている「進化」の方向性は、本当に興醒めです。
「乗り手による操縦感」なんかそっちのけ・・・。
ナンボで買えてリッターなんぼ走って何人乗せれるか?
作る方も買う方も、そこにしか興味が無い。

自分は、運転していて楽しくないクルマには一円だってゼニ払いたくないんですが・・・。
近年の新車試乗で心底楽しい!と思ったクルマは、アルトワークスだけです。

ドライビング・エキサイトメントを捨てたクルマと乗り手。
運転そのものに関心が無くなればモラルもデリカシーも失せるのは当然の帰結でしょうね。

どうしてこんなことになってしまったんだろう。
バブル期に青春を送った中年としては心底ガッカリです。

  • 2017/12/17(日) 06:34:16 |
  • URL |
  • こんのすけ #jVIx6pqU
  • [ 編集 ]

Re: どこで踏み違えたのでしょう。

こんのすけさん、

人間の性能も上げていく。これが大切な事なんだと思うんです。


なので悲観はしていません。面白い、エキサイティングな車は(今回示したように)企業は作れるし、そもそも先進技術がなくてもクルマはクルマでいられる。

ただ人々の価値観、関心が自動車以外にも多様化して、そんな人達向けの車が必要とされた時、世界企業となった日本の自動車会社は安全基準や環境性能も軽視する訳にはいかなくなってきました。誰かが責任を取って、そしてリードしていかなければならない。

電子制御化や自動運転はひとつの形態としてあるべき進化だと思います。あくまで一部としてです。


仮に将来、高速道路が200キロ制限、もしくは速度無制限になる時代を迎えた時、「誤って反対車線を逆走」など起こってはならない。


安全を追求するという事。危険を避けるためには何がどう危険なのかを知らなければなりませんが、一般大衆はただ危険から遠ざかればそれでよしとしてここまできてしまったのではないでしょうか。そして企業は迎合してしまう。売れなければ息ができませんから。


人力以上の速度が出る乗物には危険が生じる。高速化の時代を止める事はできませんし、止まって欲しくもありませんから、やはり私にできる事は人を鍛える事だと思っています。他にもイロイロあるんですが…ともかく。


モータースポーツの世界には原則が残っている。大切にしていかないとって思うんです。それにやっぱりレースは面白い。


僕らは楽しく乗りましょう!コメントありがとうございます!

  • 2017/12/19(火) 06:39:39 |
  • URL |
  • Koji Furuhashi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/719-6b6e8244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad