ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

山は裾野が広いほど高く、安定する。



20161224_081505.jpg
CAD操作も時に億劫に感じていたけれど、計算機片手に手書きでやってみるとやっぱりソフトある方がいいですね。




クリスマスの週末は、外気温がなんと摂氏6度。 例年氷点下以下にしかならないはずがなんという暖かさ!


曇り空で小雨が落ちる瞬間もありましたが、間に合わなくて手付かずだった冬支度を一気に片すべく、洗車やオイル交換などあらゆる屋外作業にいそしみ、あっという間の週末でした。 





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



米国のオートバイ事情が日本と多少異なるによせて、これから単気筒エンジン用ダートトラック・フレームをひとつこしらえようと思います。

いいものを作りたいのですが、特別なものにするつもりは一切ありません。(NC700xフラット・トラッカーも特別な事はない”つもり”だったんですけれど。)


デザインを練っています。楽しく取り組みたいので、はっきりいって完成にはまたしばらくかかるでしょう(笑)。



・誰でもダートトラックを楽しめる。

これが根本です。





持論になりますが、「道具というのは、部品点数が少ないほど使いやすくて良い。」 ナイフがその最もたる例ですが、いかなる物であれこの事は原則に考えています。




お楽しみに。



PS:シャツのリクエストを頂いている皆さまへ
  お待たせしてすいません。次回までに何がしかご報告できるよういたします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/690-860b3fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad