ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お預かりしました。


20160922_175142.jpg
日産のSR20エンジンです。






現地のオーナーさんですが、調子を崩しているらしく「とりあえず預かってほしい。」という事で持ち込まれました。




20160922_175324.jpg
オートバイ・エンジンと比較にならない大きさ。この鉄の塊が私たちの自動車を動かしている、というか「一緒になって」走っているんですね。「心臓の重さが全体重の何%を占めているんだろう? 」






四輪車のデザインがどれだけ考え抜かれた上で、それでいて妥協点を探りながら自動車製品となっているか肌で感じます。








240SX92216.jpg
このエンジンのオーナーさんの車です。内地でこれだけ良いコンディションの240SX(ツーフォーティ)を見かけるのは珍しい。インディアナでこのような車に乗っていたらモテモテですよ!





SR20エンジン、日本では標準搭載されましたが、米国向けの車両は全てKA20という異なるエンジンが載っており、「本物」を欲しがる現地の若者は不満顔。そうしてアフター・マーケットでSR20エンジンの需要があるみたいですね。このオーナーさんも積み替えるつもりなのでしょうか。







…プロジェクト詰まってるのに…やるんだろうか。




まあ、誰しも生活のためっていう一面はありますよね。それにエンジンを頼まれるというのはつまり心臓手術を頼まれるような意味があって、それは大変に光栄な事です。

コメント

メカみるとドキドキしちゃう

  • 2016/09/28(水) 20:54:16 |
  • URL |
  • #222akira #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

エンジンだからこそワクワクするんですよね。電気モーターだと同じようにはいかないんですが、新世代は違うのかな…!?

  • 2016/09/28(水) 23:16:57 |
  • URL |
  • Koji Furuhashi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/674-04aa0254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。