ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スプリングフィールド その3


スプリングフィールド戦画像のつづきをいくつか紹介します。



20160904_153428_result.jpg
グランドスタンド。前後日の天気予報がよかったためか、観客も大入りです!








20160904_122858_result_result.jpg
ヤマハFZ−07のエンジンを搭載したニューマシン。綺麗ですね。




20160904_122910_result_result.jpg
機械らしさが丸出しのデザインがダートトラック車両の魅力のひとつ。




20160904_124351_result_result.jpg
こちらがカワサキ・モーターのマシン。ヤマハの車両とはフレーム・デザインが違います。同じカワサキでも、奥と手前側の車両でも違いがあります。ビルダーさんの創意工夫、考え方の違いが出るオモシロイところです。ライダーに聞いたところ、どちらも一長一短あるそう。今回のレースなんと3位入賞、コーリー・テクスター選手。




20160904_124206_result.jpg
写真では見づらいですが、ベンチレーテッド・ブレーキディスクを採用しています。





20160904_125531_result.jpg
マイル・トラックはとにかく広いので、ピット・バイクがあると重宝します。





20160904_130540_result.jpg
トラックの内側がピット・エリアになっています。最近はグランド・スタンド正面に巨大モニターが設置されて、(特にバックストレート側の)レースが見やすくなっています。





20160904_130816_result.jpg
グランドスタンドから見るターン1とターン2。大きなひとつの弧(カーブ)にも見えますが、分けて呼ばれています。





20160904_155055_result.jpg
予選レースやイベントの合間をぬってトラック・メンテナンス(散水)が行われます。これは農業用散水トラックですがこの車輌、存在感というか、仕事にやたら迫力があります。




20160904_154449_result.jpg
レース中。路面の美しさがなんだか土星や木星の輪のように見えてくる。





20160904_164247_result.jpg
レース直後のグランドスタンド。この日は最終ラップにハーレーがマイル戦常勝のカワサキを破って勝った事で大歓声でした。皆さんきちんとフィニッシュまで見届けてから席を離れますが、それにしてもこの撤収の早さ!





20160904_171500_result.jpg
帰路につく前、地元の人が利用するチャイニーズ・レストランに必ず足を運びます。ここは12年前から通いつめ。




20160904_172528_result.jpg
ベジタブル・チョップ・スウイ。安いし美味いんだなこれが。




20160904_174200_result.jpg
こちらのチャイニーズレストランではどこでも定番のフォーチュン・クッキー。クッキーの内側におみくじが入っています。焼きそばを持ち帰りオーダーしたら一個余分にくれました。「全ては貴方の思い通りになる。」いいコト書いてあるね…!





20160904_192327_result.jpg
帰路のドライブ。「やっぱりレースは観るだけじゃなくて走りたいよなあ。NCのエンジンなんとかしなきゃ。」などと考えながら、走る事たったの4時間でインディ到着。




このレースの主催はイリノイ州オートバイ販売店共同組合(IMDA)です。イベントを支援、開催して、観客としてやってくるライダーの走る動機、目的地を作ってあげる事が販売促進につながるという考えでしょう。もともと費用対効果を表しづらい二輪のモーター・スポーツ。自分達で業界生き残りへの努力をしています。消費文化の代表格ともいえるモータースポーツですが、レース活動の一環があらたな販売、生産活動を生む大切な力になっている事を分かっている。夢のない世界にだれが希望を持つでしょうか。


オートバイ文化と歴史を感じます。









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/669-63fee14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad