ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

久々450cc



20160903_160614.jpg


9月3日土曜日にミッドアメリカ・スピードウェイのナイトレースを走ってきました。









yamaha4509316.jpg
✳︎Thank you for understanding old original sticker was on. スティッカーも当時のままですがご容赦ください。



今回乗ったヤマハ。眠っていた450ccを起こしました。







久々に乗った第一印象は「こんなジャジャ馬だったっけか。」






重量はFTWと同じ100kg強。違うのは出力が3倍(シャア専用)の60馬力。更にレーシング・チューンによって強力になっています。





この日のレースは、前回の悪天候によるイベント順延によって開催されたレースという事もあり、タイム・スケジュールがあまりにも臨機応変でした。プラクティス後のギヤ変更を大急ぎで行ったものの間に合わず、なんとヒート・レース出走不可!





これには天候、散水、レッドフラッグ、レース・オーダーなど本当にさまざまなタイミングが影響しています。






ローカル・レースなのでメインは走らせてもらえましたが、自分のアジャストを仕切れず全く納得のいかないまま、あっという間に周回数がなくなり3位フィニッシュ。





順位がどうこうというより…ただがっくりでした。ここ最近そんな事が多々あったというのもあるんですけれど。






それでもよかった点は、とにかく450ccのマシンに乗ったという事実。このマシンは本当に走り込んだマシンで、当時の中ではやりつくしたバイク。パワフルなのですがハンドリング・バランスにはいつもジレンマを感じながら妥協点を探っては走らせていた、時代を感じます。





とてもシャープなコントロールを要求されるマシンなので、久々にそんな刀を振った気分です。肉体的にも全力全開を要求されますが、その次元で始めてバランスを左右に振れるよう仕上っています。期間を経て乗った事が新たなインスピレーションになりました。






やはりパワーのあるマシンはいいです。


kjym45trntwsldefrmscttbrrpcity.jpg
Courtesy from Scott/Braaap city



次回画像をもう少し紹介したいと思います。

コメント

いちばん気持ちいい瞬間

  • 2016/09/06(火) 23:28:24 |
  • URL |
  • #222akira #-
  • [ 編集 ]

Re: Re: タイトルなし

> 確かに。勝負している以上悔しい事も多いけれど、走らないで腐るよりはるかにいいです。#222akiraさんも2020年にネオ東京を吹き飛ばさないよう、スッキリ爽快に走ってお過ごしください。

  • 2016/09/10(土) 02:20:23 |
  • URL |
  • Koji Furuhashi #-
  • [ 編集 ]

やっぱりアタシャYAMAHA好きだなぁ
なんつーか、んー、カッコイイ
コトバにならない

  • 2016/09/13(火) 00:06:24 |
  • URL |
  • #222akira #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ヤマハさんのデザインは外観、メカニカル共に定評がありますよね。どのメーカーさんにも個性、独特の魅力を感じます。

  • 2016/09/13(火) 22:48:50 |
  • URL |
  • Koji Furuhashi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/664-88eee7f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad