ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

VWジェッタ Rサス

20140111_183559_1_result.jpg
1月のハナシですが、抜けてしまったジェッタのRショックを交換しました。




・インディの天気状況を画面右側に設置しましたが、気温は華氏ではなく摂氏表示です。
・ブログ・カテゴリーを整理してみました。



フォード・バンは何しろガソリンを食うので、普段の足はもっぱらこのジェッタです。最近はバンよりはるかに走行距離が進みます。


20131231_112401_1_result.jpg
交換前:オイルだだ漏れ。



20140111_164438_result.jpg
サビサビ。。。というか何がなんだか..とにかく穴が開く程がっつり錆びて抜けています。新品でいれたのが4年前、走行距離にして64000キロ強でこうなりました。


原因は冬場、道路に撒かれる融雪剤です。別名”塩”と呼びますね。

20140109_134819_result.jpg
これがその融雪剤を撒きながら雪かきをするトラックの三連走。フロントにはブルドーザーのような雪かきブレードが装着されてます。

トラックの荷台に緑色をした融雪剤が満載されているのがわずかですが確認できます。冬の間はもう四六時中、市内を爆走します。

道路は雪が溶けてウェットになっていますが、つまりは塩水と化している状態です。




さて、サス交換。

この価格帯のダンパーに過度な期待はしていません。メーカーによる性能差がどれほどあるかもわかりません。「性能」て一言でいってもイロイロありますよね。ドイツ車だったらやっぱりビルシュタインだったかな?でも日本企業を応援したい気持ちもあるので、今回はとにかくトキコ製を試します。フロントに使用していていい感じだったので。



インディの公道、舗装路は日本とは比較になりません。ボコボコ。常にアスファルトにヒビや穴が開いており、ヘタに当てるとホイールを痛めます。天候によるものなので仕方ないのですが、道路を走るにはこの車の足も少し硬すぎる位に感じています。スプリングは純正をそのまま使います。


20140111_165336_result.jpg
トキコの新品は、KYB製品よりロッドの径が若干細い。純正サイズを踏襲したのかな?ただ以前ついていたVW純正ショックのサイズを計測しなかったので、よくはわかりません。KYBショックも良かったですよ、マニュアルが親切だし(笑)。

20140111_181744_result.jpg

20140111_195208_LLS_result.jpg
完了。ブッシュ類も勿論新品へ。



テスト・ドライブしてみると...



タノシイジャネーカ! 




リヤのグリップが増して、、、というより元に戻っただけなのでしょうが,,走りがやたら快適です。このクルマ、古いけれどもとにかく走りがいい。調子、面倒をみた前後の性能落差が激しく、固有のVWファンのいる気持ちもわかります。新品ブッシュのおかげで静粛性、不快な振動も減りました。



ついでに摂氏-20度以下の気温に備えてジェッタの苦手な低粘度エンジン・オイルへ交換。12月にはリヤのキャリパーとパッドも交換しました。(ピストン、シール・キットがない!)





はて、今度のショックはどれだけ長く持つか。そしてフロント側もいつまで持つのか..!?


ここでクルマを冬に走らせたら、どんなでも例外なく錆びます。クルマは消耗品です。そう考えると、本当にいいクルマである必要を感じなくなってきます。フォードバンはサイド・ドアの腐食が進行して落ちました。「どうせまたこうなる。」と思うと直す気にもなりません。



今冬は寒波の影響を受け、ネジ回しよりも水道屋か空調屋か雪かき屋になろうかって位よその事に忙しく、マシン製作に手が回らない。シーズンに間に合うのかどうか。。しかしこの寒い生活を乗り切らないといけません。

絶好の機会であるアイス・ライドで慣らしておきたいんだけど何しろ...焦っても仕方ない(笑)。



ちなみに工具があまりにも冷たくて握っていられないので、最初にバーナーであぶって暖めてから使ってます。


20140111_195009_LLS_result.jpg
トランス・ミッションも(中古だが)交換した!まだまだ走るぞ!



-------------------------------------------------


「カップ・ラーメンの美味しい食べ方」

お湯を入れて3分たったら外で食べる事。
cupnoodle_result.jpg
美味し。





----------------------------------------------

アメリカン・ダートトラック体験プログラム紹介

ヤマハ TW200/225&セロー用 KFRオリジナル・エキゾーストビッグバルブ発売中

アメリカン・ダートトラック体験プログラム参加者募集


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/569-e1d017f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad