ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

チャレンジ スタート。

masamaintein.jpg
自分で乗るオートバイの整備をしてもらっています。







KFRにとっての新たな試み、アメリカン・ダートトラック体験プログラムが始まりました。









古橋が初めて渡米したのが26歳の時、その時点ですら「あと10年早く来ていたら..」と思ったものですが、今その10年を早く来ている若者がいます。(※彼は15歳なので厳密には10年以上です!)



「かわいい子には旅をさせろ。」ご両親にとってもこれは大きな決断、挑戦であったと思います。もちろん当の本人にとっても。



アメリカン・モータリゼーションを通して何を見出し、何を得るのかは参加者次第。




ただ行動を起こした人にだけ得られるそれを、私は楽しみに、そして励みにしたいと思います。




20130723_012346.jpg
先日朝4時の作業場。一人黙々と整備を続けたバイク屋修業時代の記憶が蘇ります。こんなものではありませんでした。そう思える事こそが私の財産なのかもしれません。




コレとかソレとかアレとかあーだそーだですいません。もう眠いです(笑)。


27日土曜日はミッドアメリカ・スピードウェイでのナイトレース。初レースになります。






アメリカン・ダートトラック体験プログラム:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/549-5da1590d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad