ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

Ride to work day

photo (1)




ライド トゥ ワーク。こういう日があります。





以下、ざっと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

布告



・ライド・トゥ・ワークの日は2001年に第一回目がプロモートされた、オートバイ、スクーターの使用を推奨する日である。

・調査によってオートバイとスクーターを使用した交通効果、環境配慮への効果がみられたとされる。

・スクーター及びオートバイは比較的燃料消費が少なく、それによる環境汚染を防ぐ事ができる。舗装路への衝撃も少ない。

・スクーター及びオートバイは渋滞を緩和でき、それによる行程時間の短縮ができる、駐車が容易であり、尚かつスペースを有効活用できる。

・これらの理由によりスクーター及びオートバイを日常の移動形態として使用する事を推奨するものである。



従ってここにインディアナポリス市長グレッグ・バラードは、2013/6/17よりこの日をライド・トゥ・ワークデイと定める。


インディアナポリス市と私は、全ての市民に上記の所見に参加する事を求めるものである。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




オートバイに関するよい知らせですよね。政治に認めさせる活動、署名活動を地道に行った結果がこうして市に認められたんです。義務でも命令でもありません。でも認められたんです。



以前ならオートバイ業界、ライダーの連帯というのは、様々な背景によりどちらかというとタブー視されたものだった気がします。日本はもとよりアメリカにおいても同様の風潮はあったそうです。



今後”オートバイの性能向上は反社会的”とされないために、二輪の未来を作ってゆく為にこういった活動は効いてくると思います。スクーター及びオートバイのユーザー各々の自覚という事です。バイクがハイブリッド、EVになっても不変です。オートバイが、自動車が、いずれ公道を合法的に時速320キロでクルーズする事になっても意味はあるんですよ。





マジメマジメで、こういうのもいいじゃあないですか。

コメント

走っているクルマの50%以上が1名乗車だそうですよ
このムダを削減できたらクルマの数は1/3位にできるってことかな

  • 2013/07/18(木) 18:42:43 |
  • URL |
  • #222akira #FJcRFXN6
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

この国では一人当たり、一台辺りの排気量が大きいんでしょうね。比較した数字は持っていないのでわかりませんけれど、軽自動車の存在しない国ですから想像はつきます。「バイクに乗れる人はバイクに乗りましょう。」でいいんじゃないでしょうか!?

  • 2013/07/19(金) 15:15:00 |
  • URL |
  • 43koji_furuhashi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/544-a2adfeed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad