ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let's Go Racing SPRINGFIIIIIEEEEEELD !!


ヘーイ! 楽しんでるかーい! 

僕はショージキイマイチ!

どうしよう!


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
…そんな訳で後日自分を振り返ってみた。男というのは本当に単純にできているものだと思う。で、俗にいう「つまらない事」でとても不機嫌でいたりする。

その中のひとつに、

「愛機の調子が悪い。」

ってのがある。


これは万国共通らしい。男同士だとさすがに説明不要。


A:「よ、元気かい?」

B:「バイクの調子が悪くて。」

A:「そいつは気の毒だ。」


これで十分相手の機嫌を察する事ができる。何しろ(度合いもあるけれど)自分の気持にフタをしない気質だから、対応も変わってくる。オレンジカウンティチョッパーズを見ていた人ならそんなに難しくないと思う。まあ、あのまんまだよ(笑)。

でカースティングの家系は全くフタをしない(笑)。これは僕にとっては良し悪し。

僕はフランフォートレースの雨天中止、マシンのスモークの事がGNC前だってのにあって、おまけに酔っ払いに絡まれたり町のラウンドリーがクローズして隣町に行かねばならなかったりがいっぺんにきてさすがにくすぶっているのが周囲に通じていた。そこにきて、ランディはクソ忙しい中絶好調で乗っていたオールド1938年製ハーレーのクランクが焼きついた。

二人して口がムの字でいて、随分とカースティングスサイクルに重い雰囲気が流れたかと思いきや、他人のことは意に介さない気質もアメリカ。ジェイソンは新型のウルトラを買ってはしゃいでいる!ジェイソンの父ちゃん、ジムさんは新しいピックアップトラックを買ってこれまたニコニコ!

楽しいことはいい事だ。嫌な事は嫌な事だ! ここノースジャドスン、カースティングスサイクルは、とてもはっきりしている。

僕は「こんな気分でいるくらいなら…!」と思い切ってシリンダーをリプレイスした。スプリングフィールドの前にできるだけの事はもう全てやった。足りない事もあるけれど、そんなのはもう問題じゃない。後はマシンチェックして走るだけ。

ランディは仕事ほっぽって丸一日二日問題のオールド’38を修理した。凄いのは丸二日で完全に直してしまった事。クランクシャフト本体を割って修理して元に戻すなんてのははじめて見た。

お互い少しスッキリした。後はスカッと走るだけ。



今シーズンはエンジンを開けまくっている。おかげで作業が随分速くなったよ!ヤマハエンジンについては言いたい事がひとつ。

「エンジン4バルブにしてくれ!!」

これは僕だけのわがままじゃないよ!!

ダートトラックのおかげで単気筒エンジンは随分好きになった。YZ450Fのエンジンも随分触ったのでこれまた結構好きでいる。でも部品は少ない方がいい。


これで調子よく走ればお互いニコニコ。


…単純にできている。

悪くない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/54-b0dd0b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。