ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dealer Expo その3

IMG_4838.jpg
今年はモーターサイクルショーがとなりの会場で併催。






業界人のみのエリアですが、今回はオートバイ小僧となって会場を皆さんへ一部紹介したいと思います。


IMG_4778.jpg
モーション・プロのブース。今年スティーブ・マーレイが乗る予定のKTMです。
搬入時に雑に撮ったので画像が暗いのはゴメンナサイ。


IMG_4782.jpg
左側から。さて、皆さんの興味はどの点にいくのでしょう?


ダートトラック・マシンというのは本当に面白くて、よく言えばユニーク、悪く言えば作り手のハチャメチャぶりがうかがえます。こういった個性的なマシンが集って一辺にレースするのがGNCです。



昨今、フェアリングに隠れてしまって、エアロダイナミクスを追求するあまりにデザインの似通ってしまったマシン群のレースを見るより、サイド・バイ・サイドでこのような個性的なマシンが走っている方が私としては好きです。面白い。(ライダーというのは跨がったら最後、どんな姿カタチでも乗るものですが。)




IMG_4821.jpg
さて、現在においてはこのカテゴリーにおける”王者”XR。 ..NGKのブースに展示してありました。
ダートトラック界のルールブックであるマシンです。



xr750.jpg
見ていて飽きる事はありません。やはりまず乗ってみたいですね(笑)。

レースピットへ行けば同じマシンが沢山ありますが、全てが同じという事がなく、仕様が微妙に異なります。ビルダーさんの創意工夫や、ライダーの意図が反映されており、これがまた面白いのであります。







IMG_4843.jpg
地元インディアナの会社ゲーターストラップス。オリジナルのタイダウンを販売する会社です。
ディーラー募集中!




賛否を問わずデジタル化の進む世の中ですが、全てにおいてそれがベストかというと、そうでもない気がしています。ハイテクであればある程に楽しさや価値が上回るとは言い切れないという事です。私は私で、この時代の中でできる事を実現していこうと思います。




IMG_4847.jpg
氷の世界。 風が吹き荒れ氷雨が一晩降ると、路面はこうなります。 
厚さ1cm弱。車のフロント・ガラスが凍り付いてなんにも見えなくなります。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/533-ad80c8ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。