ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライダー募集!

KFRではアメリカ、インディアナ州においてダートトラック・レース体験プログラムをスタートする事にしました。

参加者を募集します。


参加資格:
・アメリカ国内においてオートバイ・レース経験を持っていない人。
・年齢不問 (未成年者は親権者・保護者の承諾が必要になります。上限はありません。)
・自力でパスポート取得ができる方、渡航可能な方。
・オートバイの好きな方でガッツのある方。古橋と意思の疎通を図れる方。
・ネットに顔写真を出せる方。(名前はニックネーム可。)
・自身のフェイスブックやブログ、ウェブサイトに、この体験をアップできる方。



参加期間応談(5月後半〜12月メド)。インディアナ州インディアナポリスを拠点にダートトラック・ライド、レースをして頂きます。ダートトラック未経験の方には古橋自身によるライディング指導(いわゆるスクール)も承ります。マシンなど参戦スタイルはレベル、ご予算に応じます。



費用参考:


マシン使用料:

ホンダXR/CRF100(ストック) 1万5千円/レース
ヤマハTW200         3万円/レース
ヤマハDTX(YZ450F)     4万5千円/レース

※1:レース時のピットサービス、その日の英語通訳・付添いを含みます。ダブル・エントリーをされる方は、使用二台合計より5000円を割引きます。
※2:主催者へのレース参加費用及びレース場のゲート・フィは上記費用に含まれません。個人負担となります。(目安:ゲート・フィ$8〜$15/名、エントリ・フィ$25/クラス〜$80/クラス)

タイヤ、マシン・モディファイなど:要追記

ヘルメット、プロテクター、ウェア、鉄スリッパ等のギアについて:参加者自身にてご用意ください。

・当地での準備、購入も可能です。その際は事前に御連絡ください。(参加者負担となりますが、かさばる荷物を先に当地へ送っておく事も可能です。)

・使用希望車種が他にある場合、ご自身でマシンを都合されたい方は御相談ください。


ライディング・スクール(希望者):
2万円/日 (使用マシン:ホンダXR100)AMAプロレーシング・エキスパートの古橋孝仁による直々のスクールです。(ツインリンクもてぎ、桶川スポーツランドでのダートトラック・スクールにおける講師経験も持っています。)


宿泊:
モーテル $40〜100/泊 (一般・宿泊施設による)
古橋道場 3000円/泊 (18歳未満の未成年の方で、保護者同伴でない方はこちらになります。)

(共に食事代別、モーテルにより朝食付きの場所もあります。)

移動費:
空港送迎、レース場への移動等に際し、移動・燃料費を別途申し受けます。
移動距離、燃料相場によって変動いたします。


本プログラムへのメカニック他としての参加希望の方へ:
マシン使用料以外の基本的な費用が生じます。御相談ください。

英語教室を希望の方:アメリカ人講師によるクラスです。現地テキストを使用します。$40/クラスを目安とお考えください。



パスポート取得、飛行機代、保険代は参加者ご自身の責任においてご用意ください。
アメリカ国内での医療費は、日本と比較にならない程高額です。保険にご加入のない方につきましてはプログラムの内容性質上、参加をお断りせねばなりません。



イベントが悪天候により中止となった場合:KFR主催のイベントに関しては移動などの実費を除く費用をご返金いたします。その他のイベントに関しては主催者の決定に準じます。

KFRへの決済、お支払いは日本円、米ドルどちらでも可能です。



委細スカイプにて面談、もしくはメールfuruhashiracing@yahoo.com 「アメリカン・ダートトラック体験プログラム」係りへお気軽に質問、ご相談ください。


KFR 古橋 孝仁





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/517-f72e66b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。