ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unique.


シェベル442。














バイク、車をいじる日々、料理をする日も増えた。以前書いたかもしれないけれど、料理とレースには通じるものがある。火をかけた鍋に食材を突っ込んだら、そこはレースのスタート、グリーン・シグナルと同じで、ミステイクなんぞ振り返らずフィニッシュまで集中して一気に仕上げる。




そんなこんなで、こちらの料理番組を見る時がある。正直ベラベラのおしゃべりはまともに聞いていない。流すだけ。

よく出てくるセリフが、

「オイルを少し..」
「塩を少し..」
「スパイスを少し..ちょっとでいいので..」


「少しってどれ位?」と思いつつ、それらを掛けているシーンを見るのだけれど、その度に「それ、全然少しじゃない!」と心の中で思っていた。とにかくバラバラ。



食材は「○×を何オンス、ワインを何オンス..火は強火で2分..弱火で約15分云々..」



↑意味があるのかどうかと感じたりしていた。

自分自身が料理をする時、余程得体のしれないレシピに挑戦するでもない限り、計量をする事がない。(※炊飯を除く!)食べたいだけ投げ込んでる。味付けも味見しながら調節する。火の加減も経験から加減、調節している。腹が減っていれば沢山作り、そうでなければ少しにする。納得できる味に仕上がる時もあればそうでない時もある。



↑ここら辺、バイクの操作に通じると思った。



「このコーナーを時速何キロで進入すればドリフトに持ち込めますか?」


そんな質問をスクールで生徒から聞いた事がないし、大した意味がない事は誰もが分かっている。そもそもダートトラック・バイクにスピード・メーターは付いていないし、減速区間に入るまではアクセル全開でくるように教えているのだからトラックの大きさやパイロンまでの距離も関係ない。


減速はその先の加速のために行うのであって、必要最小限にしてアクセルコントロールでとにかく先、次、フィニッシュを目指して開けていく事をポイントにする。



話が逸れたけれど、テレビや本など二次元から何かを表現しようとすると、結局そんな風になってしまうんだなって思った。人の理解は色々だし、分かろうが分かるまいが番組は進む。




スクールやクラスの良さ、価値っていうのはこういう所にあるんだなあと思った。






ダートトラック・スクールってとても価値のあるものだと思う。そもそもオートバイのスライドを教えるのも教わるのも無茶なのに、一度やると病み付きになる(笑)。




天候には本当に泣かされるけれど、やっぱりそんな風に人間鍛える場所と舞台があっていいと思うな。これからの二輪事業継続・普及と、日本でのレースに意味と価値を出していくのなら。ガードナーもドゥーハンも価値を感じてこそ日本で修行したんだよね。




もてぎさん。


桜が咲いた。









-----------------------------------------------------------
Race for sale!


 さてダートトラック愛好家の方々、オートバイ・レースを盛り上げたい皆さんへ。

これも以前書いた内容なのですが、ここにあまりにも完全な解答がありました。以下のリンクを読んで参考にして頂ければと思います。
英語サイト ここ開いてから次は”Booking”をクリック。

厳しい人はグーグル翻訳を元に頑張って読んでみてください。














コメント

No title

ホイールでかっ!!

そうそう。バイクの乗り方は教わってすることじゃないのよね。
どう飛べばカーマイケルやババのようなヒネリができるのか

説明書はない。

  • 2012/03/29(木) 13:08:00 |
  • URL |
  • #222akira #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

24インチありました。

師を持つ事は近道のひとつだと思いますよ。ただあくまで身に付けるのは自分であって。

  • 2012/03/29(木) 21:26:00 |
  • URL |
  • 43koji_furuhashi #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/471-c5bc0aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。