ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務連絡ブログ


デュレル・レーシングのクイック・チェンジホイール、ハブ部分。





写真ではずれて写っているように見えますが、目視での外径は11.0mmです。



このホイールでは、4本のピンは圧入になっているようです。この4本がスプロケットと駆動を支え、反対側まで伸びて、ハブ部分の穴とかみ合うようになっています。




---------------------------------------------------




さて、こちらは預かり中のヤマハYZ450Fに付いていたチェニー製のクイックチェンジ・ホイールです。フレーマーに使用されているハブを、DTXに使用するため、帳尻合わせをしたような作りになっています。




こちらは切削加工をしたのか、やたら手作りな雰囲気が出ています。微妙にテーパー状にしてスプロケット装着時の遊びをなくしているような、そうでもないような...微妙な形状。


計ってみたら外寸は同じ11.0mmでした。まあ、然るべしと言えばそうです。





こちらはボルト・ナット組だったので外してみます。ヘキサゴンのサイズは、インチではなくメトリックで6mmでした。?がよぎります。





この部分の外径は8mm、ネジのピッチは1.25。





そのような訳で、こちらで特定ができません。実車での採寸をお願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/448-d46cffde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。