ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Culture gap.   ..!?


ノイズの原因。ここが凹んでいるのは初めて見た。






・オイル交換しなかった。
・安物オイルないし誤ったものを使用していた。
・使用がハードだった。過去クリアランス調整もしなかった。
・走行距離が重なって摩耗した。


これらが重なったのだろうか。人の健康に例えるのは少し無理があるけれど、エンジンにだって健康管理は必要。悪くこじらす前に面倒をみてあげたいもの。


ノーマルなのにバルブ落っことすか。一体何をどうやったらそこまで壊れるのか。機械を扱う感覚にそもそも誤りがあるのでは?と疑ってしまう。



但しレースをしている人間は、ほとんどが皆しっかり管理してる。やっぱりレースって、人を育てるって事だね。








フケが悪いとこうすれば、シャックリがおさまるように調子が戻ると思っているのか...たまにピットでも見かけるけれど、やめようね。

なんもモーターにいい事ない。彼にとって高い授業料だったね。願わくばマシンのせいにしない事を。






そういえば、文化の違いと言えば象徴的なのがメール。日本では通常、会社名の次に個人名を書きいれるけれども、こちらでは個人名を先にいれ、次に会社名を書いていく。名前も通常ファースト・ネームが先。

個人が会社より優先とでもいうか..、これを説明するのは難しい。あくまで象徴なんだけれども、異なるビジネス・マナーの難しさを時に感じたりする。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/446-c26c7f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。