ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

Marion county fair


今日、フェアであった出し物はこれ。



インディアナポリス市はマリオン郡に属します。その郡立広場が、住んでいる所からおよそ1マイルの近距離にあるのですが、ここで夏に一度のお祭りがあります。今日の見せ物はトラクター・プルだったようです。


見せものとはいってもこのトラクター・プル、それなりに歴史があり、全米選手権もあるほどのれっきとした競技になっています。


おもりを引っ張ってタイムを競う。おもりの重さによってクラス分けがなされているようですが、正直いってよくわかりません(笑)。聞こえるのはNASCAR、ドラッグ、プロ・ストックばりの轟音をあげる直管エンジンの音。



メタノール燃料使用の7.3リッター、V8とかV10を二基掛け、三基掛けして直管エンジンをぶん回す...すでに別世界。 

出力5000馬力オーバーとか言われても..馬が5000頭以上爆走しているところを想像してほしいんですが、一体どーするんだ。アメリカ。そもそも5000頭集まった姿自体、想像つかない。




まあ、とにかくわかるのは、トラクターが狂ったように爆走していく事だけ。もうこれで充分。おもりも何トンあるんだかよくわからないけれど、軽々と引いていっちゃうからやっぱりよくわからない(笑)。



巨大リヤタイヤに、言い訳だけについているようなフロントタイヤ。結局フロントタイヤは浮きっぱなしで、意味があるのかわからなくなってくるステアリングホイール。





昨日に引き続いてコメントしようがないです。すいません。



でもただひとつ感じるんですが、この人達は賞金欲しさだけでやってる訳じゃないなって事。とんでもないエナジーを注いでいる。これ、僕の目指しているGNCにも共通点を感じる。


「10万円を勝ち獲るために、200万円掛けても獲ってやる。」
話がゲンキンで恐縮ですが、本当にそんな世界ですよ。


それは狂気の沙汰、するべきでない取引なのでしょうか?イエスと言えばそうだし、ノーと言えばノー。





まあ、細かい事は抜きで来れたらその時に生で観て下さい。フェア・イベントでは、結構頻繁にこのトラクター・プルを見かける事ができます。もちろんダートトラック・レースを最初に観てからね(笑)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/432-9aca1859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad