ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dealer Expo Ⅱ


ディーラーエキスポ、コンベンションセンターのエントリー。

建物は大きくなりました。変わったのはブースのサイズか.な..?









某ブースの新作ピストン。どっか一部のレースで走ってるそうです。
設計した人にお会いしましたが、もうそのインテリジェンスたるや僕にとって宇宙の果て。




今回のディーラーエキスポでは、WPC-USAさんと有意義な時間を過ごす事ができました。小川さんは日本語で話してくれるので、古橋脳内では、まだ太陽系内の人(笑)。原始人の脳内にインプットされるように、ある程度分かり易く説明してくれます。「サムライ・スピリッツ」ってそもそもなんでしょ?って疑問に思った時、こういう方がひとつの回答のような気がします。

顔はアップしてませんが。



これらのエンジンパーツ類にWPC処理を施す訳です。

ビル・ワーナーさん、これらを一目見てまったく違う事を申しておりました。つくづく恐ろしい程のメカニック人生を送ってらっしゃる方です。こういう人、世界に一握りくらいなんだろうな。。

GNCウィニングマシンを組む人の次元。本当にすごい世界に身投げしたもんだ。ブライアンもシュナベルもこの人の組んだマシンに乗れるのは、そりゃあ光栄な事でしょう。







ここまでくるとなんでもアリ。つまらないことは抜き。




レースっていうのは単純に速く走ればいい訳なんだけど、実際にはとても多くのルールがあり、クラスが上がれば上がる程に非常に細かく、厳密なものになっていく。その制約の中でマシンを組んで走らせないといけない。まだるっこしい話なんだけれどその議論ですらレースのひとつ。


ストリートマシンにおける制約は、最もたるのがいわゆる「保安部品」と呼ばれるものになるんだけれど、この世界にいると、時にストリートの方が自由度があるような気がしてくる。


なんでも法律化される前に、ある程度の良識(Manner)を持って対処できるといいですね。日本のオートバイ界の歴史と現在の有様は、まさにそのいいクラスかと思います。





さて、話題を戻すと、「好きだからやってる」ってのはここではもう暗黙の了解なんだけど、要はただ単に「好き」なだけでは済ませられない人達が、これだけ集まっているって事なんだよね。あまりにもスゴい方々ばっかりです。でも、載せてもしょうがない裏バナシばかりで。


あれこれ世界中の人達が集まり、ビジネスの話題ばかり話し込む訳ですが、速く走るのとは関係なさそうな事ばっかり、


何故、日本はアジアをリードしているのか。
欧米人にとってのレースとは。



とかってまあ、、肌で勉強させてもらってますが、ブログネタではないですね。







なんだかんだバイクに囲まれていると落ち着くなあ。

そんなこんな、ハチャクチャなftダートトラック通信はつづく。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/03/07(月) 00:04:00 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

No title

このピストンはいいねぇー!
早く動くパーツの軽量化の効果はとても大きいので、
このピストン使ってみたい気になったよ。

  • 2011/03/09(水) 13:06:00 |
  • URL |
  • masa #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/413-dd58d7a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。