ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shiwasu christ その2



アパートの窓から撮った。

(炎上してるのは46thストリート沿い、教会の向かいの家。ライトはほぼパトカーと消防車。)


当然このブロックは一時閉鎖。









年中書いているけれど、僕の住んでいるアパートはうるさい。


一階に住む女は、ルームメイト同士でエレキギターとベースを最近都合したらしく、その音とシャウトが絶えない。他、このシーズンは酔っぱらって羽目を外すレンターもいて、その酔っぱらいカーステ大音量運転の挙げ句、外に出て大声をあげて笑ったりと思ったら、そのまま「Fぁっく!」を連呼しまくりの喧嘩をおっぱじめたり。

携帯を握らせると周囲そっちのけに会話をする輩の声も、嫌でも耳に入ってくる。

ヘンな輩が外にいれば、住人のペットの犬が複数吠えまくってこれまたうるさい。


フェデックスの飛行機は何時でもそっちの都合で深夜に着陸に降りてくるし、何かあればお巡りも消防車もすぐ横の46thストリートをサイレン全開で駆け抜ける。



築107年のこのアパートに、防音壁の設備なんかない。夜は外の通常会話ですらよく聞こえる。



そんなアパートなので、この日も人の大声が聞こえてきて、サイレンが鳴ってパトカー、消防車が走ってきても、

「この寒い雪の中で喧嘩か..相変わらずの12月だなぁここは。」

なんて思って外をみたら、なんだか見慣れない光(火)が見えた。



家がすごい勢いで燃えてた。



屋根からの火が大きい。おそらく構造上、後付けで屋根裏に設置した暖房器具から発火。



屋根からの発火だからまず、気づくのに時間がかかる事が読めた。

気温が低くて空気中の水分は氷結。乾燥した空気で木造宅はアッという間に燃える。消防車が飛んできたが、まず消火栓の目の前に駐車している車が邪魔で位置を確保出来ない。どかしても次は消火栓の水が凍り付いていてすぐに水が出ない。


この家は結局半焼ですんだけれど、再発火の防止に消防車の放水をこれでもかと行うので、内部は「全損」。




この家の住人はこの寒い中、持っている全てを失う。なんという事だ。




どこに住んでいようが、貧乏だろうが金持ちだろうが、こんな事が起こったら辛いよね。



すごい強い火だった。燃え広がる早さも凄まじかった。



起こってからでは遅いんだって思った。気をつけよう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/401-ee184b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。