ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Headache and medicine..







オイルパンのボルトがない!
 






先日アクスルの修理を施したフォード、KFR号。その後、どーもおかしな振動を感じていたのが、走るごとにもっとヒドくなっていた。




「直したばかりなのになー..。」



と下に潜ってみたら、振動でオイルパンのボルトが落下している。オイルもそりゃー減る訳だ。







原因はこれだった。


ドライブシャフトのユニバーサル・ジョイント。摩耗でダメになってしまっていた..。
アクスル・シャフトのガタがなくなった事でストレスが集中し、一気に症状が進行して表れたのだろう。



40マイル程出せばもうグワグワとえらい音を出していたので、即刻交換でした。


合わせてトランスミッション側も交換。






これで更に駆動ロスが減り、スムーズに走るようになりました。変速時のショックが減ったり、速度とオートマチックの変速のバランスも変化しました。いい感じです!




スタートで少し乱暴にアクセル踏んだらホイールスピンの後に、エ-ライV8加速!さすが5.8リッター。...正直言ってちょとびっくりした(笑)。




アクスルが等長だったらもっとよかったでしょうね。
↑バカのワルノリはこの辺にしときましょう(笑)。



修理もこの辺で勘弁だな。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/397-9cf307e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。