ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ford, Volks Wagen...!?

自動車整備大国アメリカです。



整備は文化のひとつ也。そんなでKFR、自動車整備もやりますです。







ドイツ車に触る事はないだろうと思っていたけれど...縁あって相成りました(笑)。
SOHCはシンプルでいいですねー!






ちなみに1991年製VWジェッタ。このタイプは、アメリカではMKⅡと呼んでいるそうです。第2世代の意味からきているようで、非常にアナログ構造なメカニズムでできているところに好感がもてます。僕が触ってもネジが余る事はなさそうです(笑)。





とにかく、オイル漏れが目に余るので今回はバルブカバーのガスケットを交換。
それにしてもオイルがこびりついて...すごい事になっている。。


アリもので、できるだけ綺麗にしました。ガスケットと接触する面、カバー淵の波打ってる部分が泣かせます。



今回は新タイプのガスケットに交換する事になり、それに合わせてスタッドを入れ替えました。スタッド・ボルトはこちらでは有名な「NAPA」という、パーツストアで見つけました。この店、アメ車パーツの取り扱いがほとんどなのに、メトリック(mm)サイズのネジが置いてあったのは正直驚きです。ありがたや。


スタッドを回すのは多少ナーバスになるけれど、あっさり済みました。
左端2ヶ所だけは通常のモノだと全長が足らないので自分で都合したスタッドをいれます。



ヒビの入ったゴム部品(←「ゴム」って英語にはないんだよね。何語なんだろ?)や、ホースを幾つか交換。今回はこれでフタしておしまいなんですが、このクルマまだまだやる事があるので、しばらくネジを回す事になりそうです。




Furuhashi Racingは感動巨編セルフサービス!   ワケわからん。



ドイツ車..というか、アナログなクルマにSEVの効果は本当にテキ面です。

今日はここまで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/393-966d7a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。