ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

Sunday mechanic forever.


KFR・フォードバンのアクスル・シャフト。




以前、ホイール・ベアリングを交換する際に見つけたんだけれど、これだけ重たいパーツとなると価格もケッコー高らかに「$ちーん!$」と鳴ってしまうので、しばらくそのまま乗ってました。(フォード純正部品だと一本320ドル超!左右買ったら...そりゃ無茶だー。)



ここ1、2ヶ月で3回程デフ・カバーを開けたような(笑)...とにかくシャフトを抜き、交換します。






ベアリングのホールド部分、立派にハゲてます。


これだけの状態だったので、ガタがそれなりに出ていて、いい状態ではなかったんです。なるたけ早く取りかかりたかったところでした。



で、交換して走ったところ、あったり前ですがサスペンションの動き、静粛性が向上しました。
慣性でホイールの転がるフィーリングなんて、まるでSEVホイールを貼ったみたい(笑)!(←本末転倒。)




そんな訳で、今年はブレーキ、ショック、ホイール・ベアリングの交換と合わせて、フォード君の足回りはほぼ一新!Furuhashi Racingのトランスポーターとして、あと10万マイルは活躍してもらいたいので、フォード君、よろしくお願いします。


冬に備えてLSD欲しいなあ。 ああ、 その前にリヤ・タイヤがもう..(汗)。



コメント

No title

まずこれだけの作業スペースと道具があるだけでメリケン国と日本の差を感じる。                  あと、時間もね。( `∀´)bビシッ!

  • 2010/10/30(土) 10:14:00 |
  • URL |
  • #222AKIRA #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

確かにクルマ3台分のスペースがないと、これだけ長いアクスルを左右共抜けませんね(笑)。 道具はジャッキ、ウマ、ハンドツールでした。 

それよりも、とにかく「自分のクルマを自分で直す。」のがアメリカン・マインド、文化として根づいていると思います。パーツ・ストアが全国にあり、サービス・マニュアルはなんと図書館で借りる事ができます。

「自分の命を自分で守る。」アメリカ人意識のひとつの現れだと思います。

まあ、近年はオイル交換を任せちゃう人達も増えているようですが...。ああ自動車大国。

  • 2010/10/30(土) 23:31:00 |
  • URL |
  • 43koji_furuhashi #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/391-706788fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad