ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011オープン



カウ。画像では隠れてしまって見えないけれど、リヤサスのリンクはどこかの個性的なソレを踏襲していて妙に親近感がある。ツインリンクもてぎ・コレクションホールに行った時にその局部写真を撮ったのがどこかにあるはずなんだけれど..まあ、そこは是非足を運んで実物を確認してください。



完全なオリジナルフレームとしては第一号の車体。実は昨年のインディ・マイルでシェイクダウンしていて、その時にケッコウなラップタイムが出てしまっていた。その可能性に作った本人達が驚いていたという裏バナシがあります。#3ジョーが乗るドゥカティといい、オモシロいですね。




ヤマハは..ホモロゲーション取れるツイン・シリンダーエンジンがあるとしたら...コ、コレか!?..シャフト!?... 作って乗ってみたい気もするけれど、うーん..戦闘力となるとどうだろう..。

何にせよ、アメリカはツイン・シリンダー・バイクの国です。






話題を変えて、全くオトしていた。日本での発表の方がよほど早かったですね。。



僕のヤマハはエンジンを降ろしたところです。

どうやらキルスイッチ入れたのが早かったせいか、ダメージは思ったよりヒドくなさそうです。まだ全部は開けてません。エンジン自体はまた使える状態にまでは戻すつもりでいますが..。



今回の事は、結構な時間ガッカリしたのものの、今後を見据えるための時間ともなりました。KFRは「壊れたからはい、次のエンジン、次のマシン。」などと簡単にレースをできる環境にありません。ガイジンとしてこの国にやっとこ居残っているのが実情。しかし、どんなタイヘンでもダートトラックをするのは楽しい。だからこそ頑張っている。



その楽しさとはなんなのか、より多くの人達に知ってほしいと思うし、これからも伝えていきたいと思います。





このブログを読んでくれている人達にありがとう。レースまともに走れなくて応援に応えられないのはもちろん悔しいです。でもとにかく皆さんも日々タイヘンな所はなんとか踏ん張って、そして楽しいトコロは目一杯楽しんでください。


























コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/369-786728b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。