ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thing's alright so far.



ジャージへのネーム入れ。





たしかthorのレターセットだったと思う。※わからない人のために補足すると、背中の大きなゼッケン用の番号と、A〜Zまでのアルファベットを1セットで販売しています。(A〜Zまでのレターは、2〜3個づつ入っています。)これを画像のようにジャージの背中にアイロン・プリントして貼付けます。そうするとヘルメットをかぶってバイクで走っている間、誰が乗っているかが比較的わかりやすい訳です。



まずは、長く使っている古いジャージにひとつアイロン・プリントしました。



しばらくしてから、カドヤの新作MXウェアが届いたのでそれにも...と思ったら、「H」のレターだけが2つしかなかったんです。 

要するに「F U R U H A S H I」の中にある「H」だけが使い切ってしまって2個とも足りない。。



で、そこはDIYの国アメリカ、ソレ用のペイントというのが売っているんですねー。


慣れない手で「H」を二ヶ所とも筆で書いてみましたよ。画像はその途中のもの。


ウマいヘタはともかく(笑)、これはこれでやってみるとオモシロいですね!



実はこのヒトの影響でね。やってみようと思ったのかなって。最初に見たのは中学生の時だったかもしれない。もう亡くなっている人ですが、今でもこの人の番組がこちらのテレビで放送されています。


死んでもテレビの中ではまだ絵を描いているワケで、「死んでも絵描き」。それはまたすごいなあって。





ジャージの事が最後になってしまったけれど、MXウェアもカドヤが作るとさすがで、「黒はいくらなんでも暑いだろう。。」という先入観をぶっ壊してくれました。通気性が比較にならない程以前に着ていたものよりも優れていて、一言でいって涼しいです。
(環境によってはオーバークールに陥るくらい!それから実はパンツの方も、その効果がすごいったらスゴい!)


ダートバイクを楽しみたいけれど、ブランドのMXウェアでは意気込みがMX方向にハシリ過ぎと感じる人には、コレいいかもです。ストリートでの着用にも、既存の有名なMXウェアよりずっと溶け込む事でしょう。


「DARKEST CORE」というネーミングも、「染まりきった核なる意志、アティテュード。」といった表現をしている感じが(←個人的な解釈ではありますが)大変気に入っています。

コメント

No title

いい写真だねー。
味が出てる。

  • 2010/06/14(月) 03:38:00 |
  • URL |
  • tatsu #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

あ ホントだ よく見ると黒ブチがまだない
ゼンゼン分からなかったよ

あとは経年劣化の具合かな 色あせとかひび割れとかも同じ様になったらカンペキだっ!!

  • 2010/06/14(月) 17:43:00 |
  • URL |
  • #222AKIRA #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/364-7f0af176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。