ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

「150マイル・カレー」


ダートトラックの話から離れるなあ。



「カレーを作ろう。」

と夕方思い立った。で、どうせ作るならカースティングスのみんな(約15人)にも作っちゃえって買出しに出動した。

いつもはヴァルポレイゾのウォルマートに行くのだけれど、同じ事をしていてはつまらない。南下してモンティセロってところにあるウォルマートに行く事にした。距離はここからヴァルポへとあまり変わらない。

程なく着くと、なんとカレーが売ってない。


うーん。やはりいつもの場所に行っておくべきだったか。ウォルマートはお店によって品揃えが違う事がよくある。値段も違ったりする。それから「2個で5ドル」とか値札が付いていても、単品で買えば2ドル50セント。つまりなんでもなかったりする。


他の買物を済ませて、モンティセロの東にあるローガンスポートという町のウォルマートへ向かう。


置いてない…。


どこまで走ればいいんだ。もう夜中だ。



しかしボクの決意は固い。作ると決めた!のだ!


ローガンスポートから南下する事うんマイル。ココモという町へ走ってやっと見つけた。




戻ってトリップは150マイルを超えた。210キロだ。


カレーができる頃には夜が明けていた。なんだかアホな話だ。


がしかし、その努力の甲斐あって好評だった。ためしてガッテンとか見てそれなりに上手く作れるようになったんだよ。ただ、15人前ってのは面倒だった。でかい鍋まで新調したらえらい高くついた。


料理ってのいうのは正直アマチュアがいいと思う。材料費、人件費などコストを考えず、時間に追われず自分の好きなように作れる。プロはそうはいかない。同じ味に仕上げなければいけないし失敗も許されない、制約ばかりで何しろ儲けなきゃいけない。そう考えるとライムって気前のいいお店だなあと思う。



話を戻すと、ガソリン代や移動に費やした時間、作る時間だけでもう大赤字だね(笑)。ま、美味かったし、喜んでもらえたからいーけれどね。UPSの兄ちゃんまで丁度よく来て食って「うまし。」日頃の世話をこんな風な日本文化でお礼ができて、しかもハッピーになってもらえれば最高だね。



カレーライスのスペルを英語読みすると、「キュリーライス」ってな発音になる。変だ。


ちなみにカラオケも発音を強引に書くと「ケリオーケー」とかになる。

「ケリオーケーナイト行くか?」

って最初に聞いたときは、本当に


「蹴りOK」ナイトって何だ!?…戦うのか!!

と一瞬考えてしまった。


ヘンだ。

コメント

No title

カレーを作るという、固い決意から、このようなドラマが生まれたのですね(^-^)
しかし、ホントにお疲れ様でした☆
『150マイルの情熱』というカレーの歌が出来そうです(笑)

”蹴りOKナイト”笑ってしまいました♪

  • 2007/07/13(金) 19:50:00 |
  • URL |
  • ブルボンK #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

バーですからケンカの話もなくはなく…。

かといってケンカOKというバーもないですが。よっぱらった人は国籍問わずタチが悪いですよね。なんの話だか…?

  • 2007/07/14(土) 02:10:00 |
  • URL |
  • ぺ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/36-dc8a0b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad