ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

I'm not down..



ダウンパイプを製作しています。








形になったところで仮付けしてみました。





デイブ・バード・パイプ(現在のバラクーダ・エキゾースト)を加工しています。
ダートトラック向けの出力特性にしたかったのと車体の低重心効果を狙い、なんとかテストにこぎ付けました。


はたしてどれ位走ってくれるか。  楽しみです…!





以前はDTXマシンにこのマフラーを組み合わせるのは、外観上なんとも言いがたい印象があったのですが、いざセットアップしてみると結構カッコいい。 (←バカで結構。)







エンドの口径の大きさを計ってみました。こういったスケールがいちいちダートトラックではないかと(笑)。





単気筒エンジンて本当にすごいなって思います。

コメント

No title

お久しぶりです。
ダウンマフラー良いですね!

私も小菅さんにマフラー作っていただきました。
すごく静かでパワーも出せて良い感じです!
アメリカでは音は、どーでも良さそうですが(笑)

  • 2009/10/18(日) 16:23:00 |
  • URL |
  • over56 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

おお、ご無沙汰しております!お元気でお過しでしたかー!?

小菅さんはマフラーも作られるのですね!すごいなあ。

アメリカでの音量は、感覚のスタンダード(基準)が違うようで、ダートトラックはこの位で普通ですね(笑)。

テーパー状に順繰りに直径の太いエキパイを使用する最近のスタイルは、つまりメガフォン構造と同じ考え方ともいえるのですね。当たり前ながら感心してしまいました。

こちらのダートトラック・マフラーはとにかく「力を目一杯出す。」っていう潔さが、音にも表れていて気持ちいいです。

  • 2009/10/18(日) 22:13:00 |
  • URL |
  • 43koji_furuhashi #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/324-5896bb7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad