ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

What is wisdom teeth.



別のワールド・マーケットで見つけたカレー。







メイド・イン・パキスタンって書いてあった。セール品で安かったので買ってみた。












辛いよ。







今まで食ったカレー人生の中でこんなに辛いのなかったよ。






一口で全身の汗腺が開放され、舌の感覚が麻痺し、後は水を口にしておしまい。










…つまり、食えなかったです。ホントに辛すぎ。








何で補正を試みてもだめ。アイスクリームでも投げ込むか位、気が狂いそうに辛かった。








パキスタンの人達の舌、何で出来ているんだろうって本気で思ったよ。



それで結局まったく食えなくてこのカレー、「パキスタン・マイルド」って冗談で呼んでラステッド・ムーンに持っていったらデビッド…、「うめーなこれ。サンキュ。」って、ご飯もなしで全部平らげた。



鋼鉄の胃って呼んでる。




二度と食べないよ、と思いきや、実は口に運んで最初のたった一秒間だけ、すごく美味しい瞬間があって、一箱89¢の魅力と相まって…














また買ってしまった…。











炎のように辛い部分を料理前に取り除けば次はきっとうまくいくさ。








バイクに乗ってあんまりにも速く走るとアレコレあるんだね。

沢山お金が動いていると、どこの国の人でもそれなりに大変だね。


実はAMAライセンス取得の時もこの辺りの書類があった。AMAじゃなくて政府宛って感じの紙だった。要は「稼いだら税金はらえ」て紙きれなんだけれど、ぜひ払えるほど働いて稼がせてほしいものだ。












それから…




2003年頃からネットで日記を書くようになり、2004年以降、Flat Track Express(つなぐ)の斉藤さんに多大な協力をしてもらいブログをスタートし、今にきている。



現在、ダートトラックで検索してこのブログに行き当たっても、内訳ダートトラックネタがまるで亀仙人。それでも楽しんでくれる人がいるならそれもいいけれど、日本ではそれなりにダートトラックを楽しむブロガーさんも増えてきたみたいで、ネットワークも出来あがってきた。 そろそろかなと…。




例をいえば、「本」とひと言でいっても、六法全書から裏本まで全てを、ネタは違えど同じ「本」と呼ぶ訳で、ネットの世界も輪をかけて同様みたい。ネットの周辺環境もこの数年で随分変化をした。



furuhashiracing.net もオープンして、自分のコンテンツに思う処あり。 




また。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/285-d112215d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad