ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BURRRRRRN!!!

つづき。


ショートしたラインを見つけたので、この場ではバイパス対処。 用を済ませた。




どうやらコレが元凶らしい。







後日撮ったもの。完全に焼けている。








助かってよかった…今ここでバンが火だるまになるのはキツイ。










目下、修理中。  






…「レース場に着くまでが、まず障害物競走」のテイストだね。これも今に始まった事じゃなけれど(笑)。









バイクにのって、速く走って左に曲がるだけの事。 





但し、「誰よりも~」って付くと思ったより大変だね(笑)!




この国は、昨年一年で職を失った人が260万人。デトロイト市のあるミシガン州は失業者数が全国中トップで、治安の悪化がヒドイとはスティーブ・マーレイ。インディアナポリスも例外でない。






この国は、生き延びる事にとてもアグレッシブな姿勢が要求される場所で、多少日本と異なる面がある。これが最もかなあと思うのは、穏やかな日常に潜んでいる危険がもっと深刻な危険である事。犯罪や自然災害、いわゆる「アクシデント」に巻き込まれるというのは、その度合いが違う。




拳銃の所持が合法なんだ。ガンマンがガンベルト下げて歩いてる時代じゃないけれど、そんな歴史があって現実は延長線上。持ってるのが見えてないだけだから。(問題は武器の方ではないけれど。)








観光客となる場合は、特に今は気をつけよう。それから下を向いて歩くクセのついている人、その時貴方は隙だらけです。誰が敵で誰が味方、他人なのか地面には書いてない。どこにいたってこれは同じ。






ここはいい事も悪い事もスケールが違う。小事が大事。隙あれば狙われる注意を。(国、場所問わず、かな。)






観光ガイドに必ずこういった事は書いてあって説教臭いけれど、やっぱり起こってほしくないから今一度。









僕がいるところはそんなだから。

コメント

No title

燃えなくてよかったねー。
昨日、むさしの村にいったら、駐車場で、ワーゲンゴルフが煙吹いてたよ。
近くの人たちが、わいわい騒いでる内に、燃えだして、、、、
職員があわててよってたかって消化器をぶっかけ、、、、
でも駐車してある車両のボンネットの上からだから、なかなか消えず、辺り一面真っ白。
近くの車も真っ白け。

大事に至らなくてよかった。
車って、燃えるんだね。アメ車やドイツ車は燃えやすいのかな、、、

  • 2009/03/23(月) 00:55:00 |
  • URL |
  • TATSU #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

車の材料は同じはずです。

燃えやすいというか、基本的にエレクトリック関連、配線のシーリングの安全設計には疑問を感じてます…。それはあくまで「日本」を基準にした考えですけれど。

(私はオートバイで日本車、外国車に触ってきたのでそう感じてます。どうやら四輪車も同様なようです。)


日本の工業製品の品質基準が、どれだけ高いレベルでバランスしているかいつも感じてます。




ただそこがまたヒトクセあって、日本車が


「素人は触らないように。」


然とした複雑さを車作りから醸し出すのに対して、外国車には機械が原始的に持つ愛嬌があるんですよね。デザイン、走り、音、そういった雰囲気が外にでてしまう。


数値性能に表せない魅力です。(二輪でいえばハーレーがその真骨頂ではないでしょうか。)


好みの分かれるところですね。




ま、とにかく火事は避けていたいものです。

  • 2009/03/24(火) 02:09:00 |
  • URL |
  • koji_furuhashi #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/280-8e31bb6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。