ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

3 steps move. 2 steps back.


「このボルトを回したい。工具持ってる?」



「あるぞ、まかせとけ。 ほら!」




「これ、プライヤーだね…?」




「ああそうだ。 どした?」 






この国でこういった事に動じていてはならない。










オートバイの修理をした。   …まだしている。





以前も書いたけれど、ここで見るバイクは日本では見たことがない程、どうしようもなく壊れてくる。






原因があるにしても程がある。




触っていて最も閉口してしまうのが、ネジのスレッドがメッタになっている状態だ。





ピッチの区別ぐらいつくはずだ。サハラ砂漠でエンコするのとは違う。スレッドピッチが合わないのを無理矢理ねじ込んでスレッドが崩れているのがヒトツだけではない。こうも沢山あると、堪忍袋もパンパンだ。





とにかく「ふたをすればいい」ように触ってあるバイクは本当に気の毒だ。





元は安い買物ではないはず、もっと大切に扱ってほしいものだ。どうしようもなくなって手放し、たらい回しにされてやってくる。手の施し様がない程になって。





パーツは手に入らない。修理予算はわずか。おまけに僕はタップセットを日本に置いてきたー!





…できるだけやるさ。





明日は出張。こちらはまだ氷点下の日々が続く…。    では。

コメント

No title

タップセットはミリでいいなら届けましょうか?

  • 2009/03/17(火) 19:39:00 |
  • URL |
  • masa #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

うーん…

  • 2009/03/18(水) 03:10:00 |
  • URL |
  • Koji Furuhashi #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

それ、本当にありますね。
本当に良くある。

Visegripさえあれば、全てのNut & Boltははずせると思ってたり、
knurlingがなめったなら、シフトレバーごと溶接してしまえ的な考え。

良くも悪くもアメリカ的な考えなのでしょうかね?

  • 2009/03/23(月) 15:47:00 |
  • URL |
  • Fumes #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

Fumesさん 遅くなりましたがこんにちは。

本当に良くも悪くもですよね。

こっちに来てからというもの、金属や、金属製品に対する触れ方、考え方が異っているなと感じていたのですが、その一部の表れかと。

突飛なアイディアも、この国で形になることもあったりして…。

正しいやり方とは思えない。でも間違っているともいえない…そんな事も多く、言葉に困ります(笑)。 あらら。

  • 2009/04/04(土) 05:22:00 |
  • URL |
  • koji_furuhashi #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/276-ec9291d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad