ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

He who has not tasted the bitter,,,

does not understand the sweet.


いつも崖っぷち。大変な月を過ごしている。


来月も丸々多忙の見通し。オフシーズンとはレース・スケジュールがないだけの話。この国では走るヤツはアイスレース、インドアレースを走ってる。




ラステッド・ムーンにひょこっと現れたのはトニー・ジョージ。



店の前の歩道に落ちていたのはドラッグ。日本語で麻薬。



鳴り止まない銃声とサイレン。






生活していくとなれば、とても強い意志が必要とされる所だ、アシタカ。ウェルカム トゥ ザ ジャングル。




ネット、ブログの持つ可能性と限界。伝えられる。でも伝えきらない。理解はさらにその先の話。






不景気の時代だが、僕は僕の理想の実現に向かって進む。少しづつ実現させていってる。



理想は僕の中で明確だし、幾度も伝えている。


「世界は平和であり、人々はダートトラックを楽しむべきである。」
「GNCポディウムの頂点に立つ。」



赤ちゃんのまま猪木に「ナンダコノヤロー!」と向かっていくのではない。ステップが誰にでも必ずある。



まずはGNCにまともに参戦したい。GNCツインズのマシンも都合したい。シングルスのマシンもなんとかせないかん。俺一人の力では全くお話にならない。何一つ手が出ない。興味を持ってくれる人はいないか。僕を走らせてみてはくれないか。観る人を楽しませる事ができると思う。ブログの内容ももっと興味深いものに変わるだろう。少しづつ勉強してるけれどまだこんなレベルにいる自分が許せない。




ダート・トラックは二輪の未来への鍵をひとつ握っている。世の中一寸先は闇だとしても、鍵は持っているのだからドアは開けられる事実がある。











前世紀OSのラップトップがひとつ。
くたびれたヤマハとフォードバン。


勝つぞ。という僕の意志。


これがFURUHASHI RACINGの全て。



今はなんにもないけれど僕にはつまりその意志だけがある。


さて、ボヤきはこの位にして進める。すまん。




なんつーブログだ。ガンズもザ・ブルーハーツも全開だ。

コメント

No title

トニー・ジョージのオーラは、スポーツ選手とは一線を画したもので最近には見た記憶がない。とても強いものだった。ライダーが侍、剣士だとすれば、彼は城主、将軍の世界の人間だ。

  • 2009/01/25(日) 00:31:00 |
  • URL |
  • koji_furuhashi #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/01/26(月) 04:46:00 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/253-319173bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad