ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

Who is this for...!?

「クリマスマスとはなんぞや。」





正直、僕は仕事をしていたという記憶ばかりで、特別に思い出す事がない。






がしかし、USでのクリスマスは初体験だったからこれはひとつ。






イブは学生連中が帰省してくるから、バーが大繁盛する。25日は日本の元日のように全てのお店がクローズされて、まるでゴーストタウンのようだった。




で、人々は何してるかっていうと、家族、一族が一堂に集まり、TV見て食事をする。コレだけの日だ。




そしてとにかくギフトを送りまくる。家族なら誰でもとにかくなんでも贈り物。おもちゃでもやかんでもゲンナマでもなんでも贈って、美味いものを腹が破裂しそうな位食って、ゆったりくつろぐ。





外に出かけたって全て店が閉まっているのだから何をしようもない。




ジーザスの誕生日だとかそういう事がそもそもこの日のはじまりらしいけれども、信仰心だとかそういう事よりも僕が感じたのは、



「この日くらいは気持を大きく持とうよ。」



ってことだった。ギフトを贈り、美味いもの一緒に食べてお腹一杯になる…つまり、皆して「与え、分ち合う。」(=Giving. Share)って日なんだって感じだった。




日本の良心の中にこういったものがあるとすれば、「元日」に相当する気がした。がとにかくアメリカンはお祝い事、ハッピーになる事やそうでいる事が好きな人ばかりだから、つまりクリスマスもそんなようだ。





誰もが懐のサビしい時代だし、祝日ですらない日本でこの気風が浸透するのは難しい。でもとにかく気持は大きくありたいってのはいいと思うんだ。







ハンバーガ屋さんも店を閉めてしまうクリスマス。唯一オープンしているのがチャイニーズレストランだそうで、



「クリスマスはどうだった?」



という問いかけに



「チャイニーズレストラン。」



と答えるのは、ちょとサビシイクリスマスを過ごしたという、ひとつの自虐的ジョークであるらしい。「家族で…」ならなおさら笑ってしまう。




大きな気持ちでこのユーモアも受け止めたい(笑)。







なんだかザ・ブルーハーツが耳に流れる今日この頃。









ハウス・デコレーションの一例。これは凝っている方。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/250-4c415f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad