ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

Cold days...


画像奥の水溜りは上で飛んでも跳ねても割れません。。




もし北海道が日本の首都だったら面白いな。








アイスレースがもっとメジャー化してるかも。アイス・ホッケーももっとメジャースポーツで、・・・って事はつまりインドア・アイスレースもアリで…。…夏は夏で、またオートバイは一味違うだろうね。自然に富む環境はモトクロス、クロスカントリーも盛んになりそう。    




関東や西、南国は冬場、避寒の観光地ね。もしかすると、もっと多くの人がのびのびバイクを楽しめる気もする。モーソーですか、そーですか。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



僕のバンは北の端、ミシガン州で見つけたUSED。下回りにもぐると錆がすごく多い。以前自動車工場で鉄板ボディを相手にしてる時は、車がこんなことになるなんて想像もつかなかった。輸出仕様車は、ボディ塗装を二重に施してあるけれどもこれじゃ「延命」にしかならない。




道路にまく融雪剤のせいで錆び方が本当にすごい。「塩」に車の国籍など関係ない。とにかく道路にばら撒く量が違う。




クラシック・カーなどの古い車、バイクがとてもよい状態で保存されて走っているのを見るけれど、それらはつまり冬場にガレージにいるからなんだねー。


この国で融雪道路なんて作ってたら、$どれだけかかるかわからない。北方の車(鉄)は消耗品として考えられても仕方ない。










ランディから以前聞いた言葉を思い出す。


僕:「こんなに錆びてて平気なの?」


ランディ:「錆びる事が前提だからこんなに分厚い鉄でできてるんだ。」



「無駄に重たいのを正当化しようて、この人ムチャクチャ言うなぁ」と、その時は思ってたけれど、今は冗談に感じない。 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/239-caa6ca49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad