ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

Sept.14.08

MotoGP Indianapolis,IN



書く事といえば、ハリケーン・アイクが凄かったことかな。


土の上を走るライダーの方がタフなイメージが個人的にはあるんだけれど、この時ばかりは走るライダー達に同情した…。 (本当にすごい暴風雨だったんだよ!)


サーキット内周側に出展した某メーカーの巨大ブーステントが、この台風のせいでくずれて消防車や救急車が出動、一時外の道路を閉鎖したため渋滞やらなにやら大騒ぎだった。


それからインディアナポリス市内ダウンタウンからスピードウェイまで、1ブロックごとにお巡りさんが配置されていた。これだけ膨大な数のお巡りさんを見たのも初めてだった。信号機を含めた交通規制もバリバリで、サーキット周辺はまるで広大な一方通行みたいだった。観る方もそれなりに大変だったと思うヨ(笑)。


通常よりも高いお金だして指定席を買ったのに、そこには丁度屋根がなかったりしてアイクのエジキ。


ものすごく広大なスピードウェイのこと、僕等は屋根つきグランドスタンドの空いている場所を選んで観戦させてもらった。




初観戦。台風にしては悪くない。





--------------------

世界規模で行われるGP、メーカーがとてつもないエナジーを注いで作るマシン、勝つためのチーム、そしてその周辺の人達のライフ。ライダー以外にも見えるものがたくさんあった。
(日本の#42さんにも久々にお会いできた!)




世界格式、ワールドクラス、motoGPの規模を思い知ったかな。




ところでプレスルーム、撮影禁止なんだと思ってたら、イタリアかスペインだかどこかの国の人達が数人やって来て、目の前で衛星放送をつないでそそくさTV中継していた。




どーやら勝手な勘違い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/213-bcec8002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad