ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

Practice day.

マリオンカウンティフェアグランドに新しいトラックができた。で、テストライド。

このカウンティフェアは、I-74というインターステート・ハイウェイの真横に位置しているので、車の往来が激しくバイクの音量の事をとやかく言われづらい。


昨シーズンにここでレースを一回やった。その時はボッコボコの路面で酷いコンディションだったのを記憶してる。



僕自身、生活に右往左往であれこれないがしろになっている中、本分であるライディングをなんとかしておきたかった。で、とにかく無理して来ちゃった。ラップを刻めたのはいい事だったよ!






問題はひとつ。前走者のスモークでなんにも見えなかったって事かな…。それから、このままだと2速だろうが3速だろうが構わずレブを打ちっぱなし…。




立っている人はダン・リークさんという、IFTAの素晴らしい人だ。


ちょっとここまでのスモークで、レースはありえない。二台の450ccバイクが走っただけでとんでもない事になる。…まあ、散水トラックもレースの時にはなんとかなるだろう。







本当に久しぶりのライドでトレーニングを積んでいるとはいえ、正直僕の体はナマっていたからSEVのHPスポーツベルト、ウエストベルトは大助かりだった!やっぱりこれらがあるのとないのでは、はっきりと違いがでる。体にバクダンを抱えている人、過去の怪我を引きずってる人はぜひ試して欲しい。チェックはwww.sev.infoからね!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/168-ab1b8075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad