ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

Hey cow!

ノース・ジャドスンに戻った。









まずはおれっちの向かいに住んでいる、巨大なファン共が熱烈に歓迎してくれる。


















「ヘイ! メーン!」












彼らは決して駆け寄ってきたりせず、悠々と歩いてくるのだが400kgはゆうにありそうで、それなりの風格がある。



















熱烈なファンへエールを送る。

















「大きく、そしてウマくなれよ…」


















理解には百千万億劫の時間が必要かもしれないが、なにしろ彼らもファンだ。大切にしなければならない。ファンサービスは怠らない。





万が一将来、彼らがカドヤの一流レザーになろうとも、俺の胃の中に納まろうとも…




















あちこちから







「モーーーーウウウウウ・・・・!!!!」 (ウェルカム バック!)








のオヴェーション。











ありがとう。







---------------------------


話は少しまじめに戻すと、週末のGNCスプリングフィールドTT参戦は難しい見通しです。



余りにもあれこれと参戦条件が整いません。追々とログにアップしていきますが、今年はそういう意味でもアップダウンしそうです。






本当に応援してくれている皆さんにはごめんなさい。

コメント

No title

書き込むところ間違えました。このスプリングで、久しぶりにお逢いできたのですよね?日本で逢うよりアメリカで逢うほうが 簡単ですよね。ほんの15から17時間ですもの!だけど 最近体きつくて飛行機飽きた ドラえもんのどこでもドア欲しいと 思うのは私だけ??

  • 2008/06/13(金) 20:57:00 |
  • URL |
  • tomo #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

随分前の話ですが 私はとてもkojiに感謝しております。私達の最初のレースはデュコインでした。雨で中止頭真っ白 これじゃ茂木と同じじゃない! 雨の事など考えてもなかったの。急遽予定外のスケジュールを組み 再渡米を決めました。そこで kojiと初めてアメリカでお逢いしましたが、その節は本当に助かりました。私たちはGCracing にお世話になっております。その時も彼らに助けていただきましたが、アメリカは時間になると照明を全て消されすなんて ビックリ kojiが車のライトで照らしてくれなければ 大変な事になっていました。 お蔭様であれ以来kinjiはかたずけが上手になりました。その後も アメリカのレース情報をくれたり(レース中止とか 簡単に変更するから)、年間スケジュールを組んで渡米していた 私達にとってはドタキャンは最悪でした。 神様koji様でしたよ。これ本当です。助けてもらっていながらそう思っていない人もいましたが、 これから先 私はアメリカダートとどう関わっていくかわかりませんが、なにかの形で必ずkojiに恩返しをします。kojiの活躍を影ながら応援しております。(ストーカーじゃないからね!ha ha ha )

  • 2008/06/14(土) 08:44:00 |
  • URL |
  • tomo #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/159-dce5bff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad