ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Come on.

カバンはあらかじめ重量を量っていった。29kg。 ...30kg以下だから問題ない。




ところが成田のチェック・インでこう言われた。






担当受付:「23kg以上のバッグはオーバーチャージが50ドルかかりますがよろしいですか?」









私:「それはいやだな....。」














急遽近くのお店で安物バッグを1000円で購入し、チェックインバッグを二つに分けてパスした。


















ビジネスクラスだとこういう面倒はないらしい。まあ、あってもそのクラスの人ならさっさと払うか。重量制限30kg以下だったと思ったが僕の勘違いだったか。それとも新基準か。
















飛行中は追い風229km/hを記録した。行きの便がいつも追い風なのは地球の自転が影響している気がする。時速1050km/hで飛んでくれても、はっきりいって速い気はしない。もっと速く飛んでほしい。ファーストクラスだ、ビジネスだ言う前に、そんな快速便が登場してもいいと思う。




















アトランタの入国審査は女性が担当で、順調に受け答えをした。ビザはもちろん有効だ。


面接の最後にパスポートをファイルにいれたまま渡された。
















審査官:「このファイルを持ってあちらの別室へ行ってください。」

















私:「毎回行くので、別室がどこかは知っています。ありがとう。
















ビザがあっても毎年これだ。皮肉も言わせてもらう。


















別室は待つ人だらけ。乗り継ぎ便はこの時点であっさり飛んでいってしまった。例年別室送りとなる僕はもう、彼等とのやり取りは心得ている。













唯一の救いは、面接した担当官が今まで担当した人の中で、もっともまともなアドバイスを僕にくれた事だ。どうやら別室送りというのは審査官の独断ではなく、何がしかのシステムラインがあるらしい。

















デルタのデスクに行って次の便をブックしてもらう。こういう時、席はまずとって貰える。満席と断られた事は今までない。


















インディアナポリスは雷雲をぬけて降りた。(The Hellion 降臨!)夜降りた事はなかったからネオンは綺麗だったな。ヘビーレインが丁度来て、ゲート前で足止め何十分か食ったけれど。












初日。今ならこれしきの事も順調無事に到着といえる。

顔があまり笑ってないな。












感謝する人は多い。ありがとう。…「俺?」と思った貴方、そうです貴方です。






------------------------------------------


前回のQuizeだけれど、大した物はあげられないけれどもう少し答えがほしいな。 

もっと!ほら、あるでしょ!

書いてみて。

コメント

No title

マクドナルドのフィレオフィッシュセット。
又は、自衛隊の服を着てマルちゃんあかいきつねを食べた。
これでどうだ。

  • 2008/04/02(水) 17:05:00 |
  • URL |
  • tatsu #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

コンビニのおにぎり。

  • 2008/04/02(水) 20:40:00 |
  • URL |
  • Chanta #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

あ、そうだ。
誰かの彼女をつまみ食いってのはどうよ?

  • 2008/04/02(水) 20:41:00 |
  • URL |
  • Chanta #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

納豆・焼き魚かなと思ったけど既出なのでお茶漬け。
もしくは駅で立ちソバ。

  • 2008/04/03(木) 00:49:00 |
  • URL |
  • trk #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/137-e3ca7404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。