ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Whew!


FTRのマフラーからスーパートラップのディスクをひとまず10枚ほど抜いた。







車体側に残りおよそ20枚…。







…当時を思い出す。ディスクを留めるロングボルトがエラく高価で、それを勇気を出して思い切って買ったものだから、買った後はこれでもか!って位ディスクを詰めた(笑)。もちろん当時音量の事など考えていない。ルールブックにもなかった。







あわせてジェットも#落とした。













まだうんと濃いようだ。















だがしかしこんな状態でブン回して乗っていた。当時そういうものなんだと考えてみたからだ!加速ポンプもその時に外した。←※今ここで何のメリットもないよ。部品がどこかに残っているかなあ。捨ててはいないはず…。













無茶苦茶だ。















とにかく動くようにはなったから、…動かしたい。








調整は走ってから。もしくは走りながらまた。

コメント

No title

中にはそんなにたくさん入っていたのか。
銃のサイレンサーと構造が同じだね。

  • 2008/02/22(金) 09:23:00 |
  • URL |
  • tatsu #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

銃ってそうなのですか? とにかくFTRはまだなんだかやかましーです。

はっきりいうとノーマルエンジンとのコンビネーションだと、音質も好みとは遠いです。

ところがROTAXエンジンにつけるとコレがびっくり!ミュージックに変わります。あれは350ccのノーマルエンジンだったんだけれど...。

  • 2008/02/22(金) 11:18:00 |
  • URL |
  • ぺ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/124-c63fdc0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。