ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

Motor's run

とにかくモーターは回った。




淡々と回るその音色は、なんだか耕作機械のようでなんだか微笑ましい。 





皆さんは、ツインリンクもてぎのホンダコレクションホールにあるレースエンジン音を聞ける装置をご存知だろうか。その音色は涙ながらに聴かせて頂いている。世界中の人を虜にした音が詰まっている。





さて、もう今更ながらだけれど紹介していくよ。





写りが悪かったり汚れているのはちょと勘弁。

こんな感じになっている。ノーマルの配線取り回し、CDIの配置も競技志向で好きだけれど、あれこれ僕の理解が及ぶ前にはこうなっていた。もう…ウン年前の事だ(笑)。これはこれのよさがあると思う。











バッテリーを装着するとこんな感じになる。











今回使用しているバッテリーはこれ。小さくて〇。 (アベちゃんありがとー!)









マシンを動かしてチェックしたいのだけれど、病み上がりでヨレヨレ…。もてぎも路面状況としては少し時間が必要みたいだね。また。


--------------------

FTR考:

僕の中でこのマシンはやり尽くしていない。完成もしていない。実はずーっと引きずっているんだよね。フォークを付け替えたのはその一片。


何が完成なの?って自問してみると、自分の走りのイマジネーションをどれだけマシン側からも近づけられるかっていう答えになるかな。




ファクトリーじゃないんだから、妥協もしなきゃいけない事もわかってるんだけれどねー(笑)。




追伸:MAXXISのレースタイヤ、DTR-1を前後19インチのを1セット持って帰ってきている。欲しい人がいたらコメント欄にでも非公開でもなんでも連絡おくれ。(コンパウンドはフロントCD-3、リヤCD-5)

他ルートのMAXXISと違いがあるかどうか少し興味があるね。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/02/15(金) 23:48:00 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/122-9e9e5298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad