ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't get burn...

付けた。







うーん。かっこいい。(…デザインとしては、三つ又にもう少し幅があると、もっといいだろうね。)


ゼッケンプレートはフラットなものに作り変えて、もっと「フラットトラック・マシン」らしさを出すのにフォークガードをつけるのもいいね。…夢が膨らむ(ニンマリ)。





フォーク全体を写すとこんな感じ。


オフセット(いわゆるフォーク突き出しだけれども、この場合はアクスルから三つ又上端までの距離)は、FTR250の時とほぼ同じ距離にくるようひとまずセットした。このあたりはスプリングレートだってまったくそのまんまだし、走ってからチューンを進める。まずは形だけ。




センターを出すためのカラー製作とアクスルシャフトのショート加工をした。見た目はなんでもないけれど実際にはショート加工した分、シャフト側のボルトのネジしろが少なくなっている。







------------




純正の三つ又、つまり設計通りのジオメトリーで作ってみてそこからあれこれしていき、最終的に必要とあればジオメトリーまで…というのがユーザーサイドの基本的カスタマイズだと思う。だからストックの三つ又で進める方法はどうかと思ってやってみたけれど、実際にはもうこの時点で、とても一般公道ユーザーにお薦めできる仕様とはいえなくなってしまった。やっぱりこれは競技車輌用の内容だ。




それでもやろうって人は、以降の管理を自分できっちりやるようだね。責任も「完全」に自分で負うってだけの事だけれど。←サーキットを走る人が増えた今更理解は進んでいると思う。




↑このログを見てそう思って貰えればやった甲斐があるさ!作りが危ないって事じゃないけれど、製造者が責任を負わなければならない一般公道には、向いた作りじゃないって事だね。あるのは競技車輌のセーフティマージンと同等くらいってだけの事。





さてさて!一歩!







このフォークは市販車の中でも軽量化を意識しているのは窺い知れたよ。400ccの車重を受け止めるのだから強度は問題ないだろうし、僕が意識の中で求めた軽量化にはビンゴだった!再々ありがとう!イックン!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/114-9c3a2af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。