ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

See!?

これも「速く走ったほうが勝ち」という点において、シンプルなルールがドリコンより好きなポイント。


左前のタイヤいらないんじゃない(笑)?


カースティングス・サイクルで働いている従業員の旦那さんが持っていて、以前このレースカーを見せてもらった事がある。
ものすごくシンプルなパイプフレームで、後輪はリジッドアクスルのサス形式である事をルールで決められているってたしか聞いた。



2輪ダートトラックレースのようにタイヤサイズにもルールがあるのだろうか。
とにかく安価に楽しめるようなルールになっていると感じた。



ラリーカーもそうだけれど、土の上でも乗り物は速く走るもんだね(笑)。



オーヴァル競技がもっと見直されていいんじゃないかな。JGTCのレースカーがもてぎのスーパースピードウェイでレースしたって絶対面白いと思うヨ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/111-8060387e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。