ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡米準備

とはいっても体ひとつ。あとは現地調達できる力が付いてきたから、カバンは軽くなるはず、がしかし…。ヘルメット、ブーツ、ツナギだけで随分な重量になる。プラス半年滞在の最低限の荷物を組み合わせてあっさり30kg到達。まあ、なるようになれだ。

もっと日本とUSが近ければいいなと思う。そういえばロシアとアラスカの間、ベーリング海を地下トンネルで結ぶ計画があるとか。ユーラシア大陸とアメリカ大陸がつながるなんてすごい話だ!


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

話は変わって、ダートトラックに関して。

日本のエキスパートライダーは、皆が主役を張れる個性を持っていて面白いと思う。アクが強くてそんな個性が集まるレースだからこそ、見ていて面白い。

「この人主役、この人脇役」ってレースを観る前から決まっているより、そうでない方が面白いよね。テレビや映画を見ていてもそう感じる。役柄があってそれに隔てられていたとしても、「この役はこの人でしか務まらない!」って次元まで到達してるキャスティングのショウは素晴しい出来栄えになる。

でしょ?

オートバイレースにおいてそんなすごいキャストが集合する事が可能なのは、ダートトラックレース以外ないんじゃないかと思う。(motoGPも最近すごいのは認める!あれはスゴイ。)

それからダートトラックレースのいいところは観客の視界からマシンが消えないこと。オーヴァルを周回するので常に自分の好きなライダーを目で追える。

こんな面白い世界を知らないで「世の中つまらない。」などと言っている人達がいるなら、僕は自分のサイトを使って走りからライダーの顔から何から、紹介していきたいと思う。もちろんつなぐのサイトでもなんでもいい。本当にこんなショーを放っておくなんて、マータイさんじゃないけれど

「モッタイナイヨ。」


僕も走りをどんどん磨いていくとしよう!本当にありがたい事に日米問わず僕を応援してくれる人がいるからね!そういう人の声が僕の体を動かすんだよ。決して楽な道ではないけれど、大変な道の方がいい思い出になるというしね!



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


お世話になった入谷、渡辺の両師と。

週7日間勤務の中での稽古は確かにキツかったけれど、僕に新たなインスピレーションをくれたし、レースをしない間のいいトレーニングだった。素晴しい出会いだったのでこれは是非続けたいと思っている。

コメント

No title

お邪魔致します♪
いよいよ渡米間近なのですね(^-^)

画像は…武道のようですが、合気道か何かですか?

  • 2007/05/04(金) 08:13:00 |
  • URL |
  • ブルボンK #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

どうもですブルボンKさん。

いかにも。川越に頻繁に行けない理由がコレでした。

渡米には、もう少し自分にも「さあ行こう!」って緊張感があってもいいようなものですが(笑)...。

  • 2007/05/05(土) 00:34:00 |
  • URL |
  • 43koji_furuhashi #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

気をつけていってらっさい。
おみやげは宇都宮ミンミンのギョーザをよろしく。

  • 2007/05/07(月) 21:36:00 |
  • URL |
  • tatsu #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

No title

いってきます。
…ギョーザすか。せめてプリングルスか、USで売ってるカップヌードルとかでお願いします。ああ、向こうのギョウザでもいいかなあ。喰えたものではありませぬが。

  • 2007/05/07(月) 23:39:00 |
  • URL |
  • ぺ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furuhashiracing.blog.fc2.com/tb.php/10-61a9081c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。