ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

AMA pro. G.N.C. Springfield Mile and T.T.


↑エーエムエープロレーシング グランドナショナルチャンピオンシップ スプリングフィールドマイル アンド ツーリストトロフィ








...。



さて最初に、KFRですがレース以前の都合のため参戦を見合わせています。応援して頂いている皆様には大変申し訳ありません。私としても努力を続けていく次第です。



AMA PRO RACING サイト http://www.amaproracing.com/ft/
--------------------------------------------------------



さて、裏話はいくつか。






TT戦






決勝に残るまでが最も激戦といってもいい。 決勝は#33のJ.R.シュナベルと#17ヘンリー ワイルスのバトルが観客を釘付けにしたけれど、今回は最終的にヘンリーが一位フィニッシュ。(※5/26日現在#33JRシュナベルの結果は「暫定」になっています。)

#42ブライアン・スミスは翌日のマイル戦のため、怪我した鎖骨の大事をとってお休み。印象に残る走りだったのは、#45ジェス・ジャニッシュ(KAW)。ただし決勝に残った全てのライダーが基本的にその走りは別次元にある。GNCは腕もマシンも本当に究極のクラスだ。


TTについてはまた後ほどもっと情報を届けられると思う。








マイル戦



ロードレース世界選手権からスティーブ・ボンジー(#80Y)が戻ってきてレースを走った。TTといい、充分に才能と環境を持っているので、今後はどうするのか興味深い。








ロン・ウッドのBMWトラッカーは、練習中にチェーンが切れるほどパワーはしっかりあった。
乗ったのは#51スティーブ・マーレイ。もう少しでメイン進出だった。






ラリー・ペグラムの乗ったドカティ・トラッカーもストレート・スピードがあった。(※画像の車輌は別ライダーのもの。ペグラム車ではありません。) 90度Vツインだから、スズキのマシン特性に近い要素がある。






ビル・ワーナーがチューンアップしたカワサキのマシンも着々と進化していて、少しづつスピードを上げている。それにしても凄い作り込み。






トライアンフも参戦しているが、これもハーレーと戦えるようになるまで戦闘力を上げるには、また開発に時間がかかりそう。マシンは美しい。






#14ジェイク・ジョンソンの移籍理由:スズキ・ファクトリーチームは昨年撤退を表明しているが、チーム監督のデイブ・バークスはマシン貸与を受けて活動を続けるつもりでいた。しかしマネージメントの都合で参戦が難しくなり、’08GNCシングルス・チャンピオンライダーであるジェイクはマイクハッカーのチーム・スーパートラップへ移籍。シングルス参戦用のマシンもホンダへスイッチする事になった。これにより、今年GNCシングルスにおいてスズキは#1プレートを失い、ホンダのマシンに#1プレートが付く事になった。






AMAダートトラックレースは、アメリカの、ハーレーのためのモータースポーツであるという見方は多い。しかしやはり多様性はないとつまらないもので、人気は一時より他のカテゴリーに取られている。

それなりにAMAは頭を悩ませて、GNCシングルス、GNCツインズというクラスを作った。これによりハーレー以外のマシンも参戦がはじまり、多方面からの面白さを取り戻してきている。









---------------------------------------------------------



続きを読む

Trampling & Kickin'..

FC2Ad