ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

Joy of life.



メロディ・イン。(ここはなんと1935年からのバー&ステージ。)


ジャパン・アメリカ・ソサエティの紹介で行ってきた!


出演は Peelander Z




人には多少の趣向がある訳だけれどこれは理屈抜き、面白かった(笑)。




Peelander Z マイ・スペース

Wood chips grinder.

コレがウッドチップ作成マシーン。




走っている間にたまたま出くわした。


これは非常に小型のもの。口から木、枝を突っ込んでいって砕いて出すだけのシンプルな機械。モチロン腕が飲み込まれてしまえば挽き肉になる。非常にアブナイ。

Area Example

参考:



東京都面積 2,187km² Tokyo 874.8mile²


北海道面積 77,981km² Hokkaido 31192.4mile² (Largest preficture in Japan)


インディアナ州面積 94,322km² Indiana state 37728.8mile²


インディアナポリス市面積 1,044 km² Indianapolis 403mile²






続きを読む

KFR Lumber Service.

KFRは順調に事業を拡大。二輪全般に加え、リンギョーはリンギョーでも林業に進出。




冗談はともかくチェーンソーの修理のこと。







左にある小さいのはキャブレター。



下側の↑から、空気吸って、混合ガソリンと混ざって、燃焼室入って燃えて上側の↑へ排気(黒いのがマフラー)。





一連の流れが外からでも一目瞭然。イグニッションのシステムもわかりやすい。子供の世代の教科書にするのに最適だね。



変速ギヤはなし。しかし駆動に遠心クラッチが付いてて、いよいよ原付。これがまたわかりやすい。(エンジン)ラジコンの魅力ってこういう所にあるのかな!?




なんというシンプルな作り!なんだかレース・モーターのような魅力がある。思わず「SEV化してみようか!」とか思っちゃった位(笑)。










ボルトも回したのが、カバー含めてすら幾つもなかった。エアクリーナ、マフラー、キャブ、プラグ、燃料タンクを清掃、最低限のパーツだけリプレイスした。〆て10ドル弱。...これを車、バイクでやったらどれだけの作業になるやら。




右手で握るハンドルの場所にトリガーのように操作するアクセルが付いている。バイクのように繊細なコントロールをするのが難しい。(まあ、事実上同じにはいかない。)






とにかくバラして組み直して、ちゃんと回るまで幾度か調整を繰り返し、普通に回る様にした。メカニックとして才能を持っている人とはまた違うので(←幾人も見てきたよ!)、ここまで時間かかったよ。




この2st.エンジン、46ccあります。原付パワーで木を切る訳です。





原付エンジンで木を切るって、斧で切っていたのがばかばかしい位、凄まじいパワー!





でも、おとなりさん宅に迷惑になるので、木の上の小さい枝から少しづつ落としていかなきゃならない。なので結局ハンドソーも斧も全部駆使して切っていく。木登り、久しぶりだ(笑)。




続きを読む

I'm learning...

このエアクリーナー、どういう風にキャブレターに付いていたか想像に難しくないよね?






ホントにこのまんま、巻きついていた。














いやぁ、なんていうかスゴイ。










アメリカってスゴイ。もう、コメントしようがないよ(笑)。





枠に囚われているのは僕の方なのかなって、こういうのに出くわすたびに思うんだよ。







続きを読む

BASE GARAGE.

KFR ハ インディアナポリス ニ ベースヲ 確保シタ。




















中は積年のジャンク・パイルだ。












何がヒドイかって、タヌキが住んでいたらしく、その糞尿だらけ。
 
床に到達したら、今度は穴が開いていて、「ジリス」が冬に住んでいた形跡が見つかった。













くさい。 








とにかく、くさい。











かなり。












建物は傾いており、ドアは閉まりきらない。






とにかく使えるレベルになるようにと、もっぱらコギレイにしている。 裏、周辺の木を切るのに、チェーンソーが借りられたのだが、これはこれで直さないとまともに動かない。





今は日々、を振るっている。








将来、GNCの表彰台に立つ男。
















振り下ろした斧がすっぽ抜けて膝の上をしこたま打ち、しばらく一人で悶絶。 昨日は雪が降った。

Have you ever drink this ?






これ日本に売っているのかな?



味はそのまんまレッドブルにコーラ。しかも足して2で割った味だから半端。








一缶全部飲めなかった。まあ、普通のレッドブルもちょと苦手だから…。





デザインは上等で、ともかくモータースポーツやってる人間からすれば頭が上がらない。


けれどこの味、僕は勘弁デス…。

Thank's a lot!




















触れるゴーグルはすべて試した。










世の中、人の顔はそれぞれ違う。だからフィットもそれぞれ。うるさく言えば、究極のフィットは自分に合わせて作るしかない。





ある物の中で、僕にはこれが最もフィットした。だからスミスを使いたいといったら、MXゴーグルのラインナップがないネイティブ アイウェアーさんは、MXゴーグルに関して目をつむってくれた。




そのブライアンじゃないスミスさん、こっちはこっちでFURUHASHI RACINGをサポートしてくれることになった。






本当にありがたい。







一番の決め手は、左右端の視界が広かった事かもしれない。 「見える。」という安全性はあるほどよい。






合えばいい、合わないなら合わない。皆も気に入るかどうか、ぜひ試してほしい。


US国内では永久保証付き。










続きを読む

FC2Ad