ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Life is must be fun.

パーツを引き取って来た。



見ての通り。













とにかくこうして41パイフォーク用の孔に拡がった訳だ。…強度に関しては心配していないけれど、見た目はキツいね。これじゃストリート一般ユーザーには薦められないのも仕方ない(笑)。 これでこそ実験用車輌だ!







フォークマウントスクリューも写真では見づらいけれど、間のねじ山を削りとっている。つまりフォークが付いた状態ではネジを抜く事はできない。やればネジ山がなくなる。







さて、とにかく早く組んで走らせてみたい。








-------------------




僕は目に見えない事や、そういうモノに触れる機会が普通より多いのかな。ハンドリングだって形なんかない。数値にするのは設計、組立て時の話で後は実走だし、ロガーは全てを語るものとはならない。速度、タイムといわれるものもこれまた無理クリ基準にしている単位だ。一体何をもって「ヨシ」とするんだろうね。世界一ですか?そーですか。
















考えるとサスペンション屋さんもよくアレだけでビジネスをしているものだと感心する。













走る日が楽しみだ!
スポンサーサイト

Kick 明日。

気温は下がったりもするけれど、とにかく僕らは元気にいこう。

転がりまくるのはカンベンだけれども。


空耳アワーも懐かしい。






バイクがキレてきた。一服しないと。

See!?

これも「速く走ったほうが勝ち」という点において、シンプルなルールがドリコンより好きなポイント。


左前のタイヤいらないんじゃない(笑)?


カースティングス・サイクルで働いている従業員の旦那さんが持っていて、以前このレースカーを見せてもらった事がある。
ものすごくシンプルなパイプフレームで、後輪はリジッドアクスルのサス形式である事をルールで決められているってたしか聞いた。



2輪ダートトラックレースのようにタイヤサイズにもルールがあるのだろうか。
とにかく安価に楽しめるようなルールになっていると感じた。



ラリーカーもそうだけれど、土の上でも乗り物は速く走るもんだね(笑)。



オーヴァル競技がもっと見直されていいんじゃないかな。JGTCのレースカーがもてぎのスーパースピードウェイでレースしたって絶対面白いと思うヨ。

Rolling stones gather no moss.

SEVの勉強は、なんだか理科の授業を思い出す。 




が、面白い。





英語もそうだけれど僕にとってまったくのおまけで、そもそもそれ自体は目的じゃない。





でも必要な知識だし、身(実?)になっているのも事実だな。・・・こういうおまけは本来楽しいものなのかもしれない。(むかーし、おまけ付きのお菓子で、菓子よりもおまけ欲しさ目的だった頃を思い出したりする...。)


------------------------------------------------

ところで、待ち遠しい僕のFTR250。


現段階、トリプルツリーをボーリング(ボア・アップ)してもらっている。



しかしやはり、フォークをクランプするネジは加工が必要だった。なので、ちょっと手間取っている。出来上がったらまたアップするよ。もうすぐ!


Yes I'm a Punk dirt tracker.




いずれにせよ、ダートトラックの気持ちよさを体で知ってしまった人間は、もうその追求をやめる事はできないと思う。 ボブおじさん。

Welcome RIDERS!

冬の間、こちらのショールームにおります。


車、トランポについての話もモチロン、オートバイの話をできる方!どなたもぜひ遊びに来て頂きたいなーと思います!自慢の愛車を見せびらかしに来てください。忙しい方なら立ち寄るだけでもオモシロイかと思いますよっ。オートバイネタの話し相手になってくださいっ!もちろん体感テストをご自身の体、車でしてもらうのもベストでしょう。


冷えた体はショールームの「エ-ラク」美味しいコーヒーで温めていってください。



CRFにはこのように付けてみました。ヘッドカバーは完全な平面ではありませんが、接着とそれから効果については問題なし。…うーん、エンジン剥きだしってやっぱりカッコいい。









…。















…は?ヘッドバランサーの効果ですか?

















ええ、ありますよ。


















ズルイですか(笑)?
















いやいや、御自身で直にお確かめください。悪役で結構。 フッフッフッ。

(※ショールームでの体感テストにチャージはありません。念のため。)

WhataF........................................................un.


幾年もオフシーズン中はバイクに乗れないでいてストレスだった。







今年は乗ってる。なんと幸せな事だ!











MXライダーではないにしても、とにかくライドは理屈ぬき楽しい!





仲間がいるともっとたのし。



ちなみにSEV製品はこんだけ飛んでも跳ねても落っこちたりしません。

My will.


インディアナポリス市内の公園にて。-いい写真があったのでちょと遊んでみました-













これが僕の全部です。








GNCのそれは、実際ズイブンたかーい所にあります。すぐに立てる場所じゃありません。






But I will make it.








旧年中は大変お世話になりました。今後も私には皆さんの力が必要です。








今年もよろしくお願いします。            
                                    1/1/2008  古橋 孝仁 43x

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。