FC2ブログ

ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

試作中。



twmufflerprojecttailview1.jpg

試作エキゾーストパイプ、マフラーの位置見極めをしています。


続きを読む

一日一歩…半歩でも前進を。



本日のインディアナポリスは最高気温34度。すっかり夏の陽気です。



少し気分転換がしたくなり、レース仕様だったTWを街乗り仕様に戻しています。...保安部品、灯火類に触れるのは久しぶり。



旧型の作動がイマイチだったため、今回はLEDウィンカーに交換します。(対応のフラッシャーリレーも都合しました。)

TWturnsignalbefore1.jpg
交換前 別に見た目は悪くないんですが。

20190710_221105_HDR.jpg
交換後  細くて横に長い目付きが今のトレンドらしい。



北米仕様のTWは今も四角目が標準。日本ではもっぱら丸目がスタンダードになっているので、むしろ新鮮かもしれません。TW...日本国内でも再販してくれないかな。現行セローエンジン流用の250ccで構わないんだけれど。もしくはプレストコーポレーションさん、このまんま逆輸入販売いかがですか!?




TWwireharnesscompare.jpg
レース用にスリム化したワイヤハーネス(下側)とストリート用ワイヤハーネス(上側)比較。

TWの電気回路は基本3種類。

・点火回路
・充電回路
・灯火回路

まあ一応始動回路もありますが、とにかくシンプルでわかりやすいのが魅力です。レース用のワイヤハーネスは点火回路だけ。公道仕様ということで上側のストリート用ハーネスに交換します。どちらも後期型(2001年式〜)の物です。(このシャシーは’89年式。)


話が少し逸れますが、オートバイが完全電動化された未来、「30年オチの電動オートバイ」にどんな価値があるでしょうね。修理部品も出ない、作れない。なので直せない。仮に直したところで時の現行車に遥かに及ばない性能。この未来をある程度まで見越してバイクを設計していけるエンジニアさんがいて、製品が出来てきたら尊敬しちゃいます。←もしくはこの点がアフターマーケット、「市場」になっていくのか。

「だからってガソリンがいつまでもあると思うなよ!」とも言われちゃいそうですけれど。原動機の「排気量」がないから自動車の課税方式も変わりますね。



…それにしても保安部品重量、結構重みます。





乗って行けないのが惜しいかな↓。


令和元年・TW125/200/225 オーナーズミーティング開催!9月に磐田で会いしましょう!

続きを読む

2019令和元年、TW オーナーズ ミーティング 告知  

k180blkwheel.jpg


開催要項:

日時・場所: 9月28日(土)午後1:30〜閉館付近まで ヤマハコミュニケーションプラザ 駐車場(アドレス:静岡県磐田市新貝2500)第4土曜日の開館営業日。

参加資格:完全自由参加。TWオーナーの他、年齢・性別・国籍・参加車種・運転免許不問。TW好きならオーケー!すべて歓迎!

雨天開催(*台風等「非常に悪い」天候状況の場合、キャンセルする可能性はあります。)

TWは自由なバイクです。従ってミーティングも決め事はありません。コミュニケーションプラザ観覧ついでにでも…とにかく気軽にどうぞ。



どんなTWが集まるのか、覗きに来てみませんか!?当日は日本で定評のあるエンジン・ビルダーさんもお呼びしています。


*言い出しっぺの古橋ですがインディアナ当地からレースバイクを持参することは厳しいので、当日はパワー好きな方にオモシロイ物を(ちょっとだけ)持参しますね。



続きを読む

戯れに。


20181215_190110.jpg
TW/セロー用オーバーサイズとして流用にどうかと思い、買ってみました。何しろ「ランニング・コストはかけたくないけどパフォーマンスは欲しい」のめりけんTWオーナー。


可能性や如何に。

続きを読む

最近、遊んでないかな…? 



20180602_192216.jpg
走行5000マイルのZ1ですよ! 



続きを読む
次のページ