ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016シーズン ありがとうございました。



20161006_085120.jpg
ジョギング中に一枚。

送電線から「ズィー…」という電気のやたら迫力のある音が聞こえてきて、(電線の下を)くぐるのに妙なスリルがあります。




アメリカのダートトラックレースは、今シーズンの公式戦を終了しました。



続きを読む
スポンサーサイト

KOJI FURUHASHI オンライン




ブログ:ftダートトラック通信 (このブログ furuhashiracing.blog.fc2.com)
ウェブ: furuhashiracing.com(英語)
ツイッター: https://twitter.com/furuhashiracing (日本語&英語)
フェイスブック: https://www.facebook.com/koji43x(日本語&英語)



ブログ、フェイスブック、ツイッターそれぞれアプローチが違います。更新は各々ランダムなのでご興味をお持ちの方はそれぞれサイトを楽しんでくださいね。




続きを読む

FTW でやりました!

kdydcFTW_result_result.jpg


応援ありがとうございました!




2015年ミッドアメリカ・スピードウェイの年間シリーズ参戦、”FTW”は古橋孝仁のライドにより10戦中8勝し2015年の優勝を決定。KFR・ビッグ・バルブのパフォーマンスを証明しました。



「最後には狙い通りの結果を残せました。応援を頂いた皆さんに御礼申し上げます。本当にありがとうございます。」


Koji Furuhashi Racingにご協力を頂いている企業様:
Arai Helmet, BLUETAG, CP Pistons, Durelle Racing, G2 ergonomics, Kadoya, Kersting's Musium, Native eyewear, Redstone Performance Engineering, Racetech, Rebel Gears, SEV, Smith moto goggle, Sudco, Webcam, Westfield power sports, WPC Treatment USA, (ABC順)




続きを読む

2015 シーズン




 さて、ここに来てようやくゴーサイン。1ステップ抜けだしたので、2015年のKFRの活動をふたつ紹介します。


・GNC1へのスポット参戦 (予定:スプリングフィールド、ライマ、インディ、デュクォイン)。
・「TW are go.」ヤマハTWでのダートトラックマシン製作とローカルレース参戦。


レースはこのふたつにパートタイム・ダートトラッカーとして参戦を予定しています。大変恐縮ですが、アメリカン・ダートトラック体験プログラムはお休みとさせて頂きます。すっかり滞ってしまっていたNCの作業も再開です。



Koji Furuhashi Racingにご協力を頂いている企業様:
Arai Helmet, BLUETAG, CP Pistons, Durelle Racing, G2 ergonomics, Kadoya, Kersting's Musium, Native eyewear, Redstone Performance Engineering, Racetech, Rebel Gears, SEV, Smith moto goggle, Sudco, Webcam, Westfield power sports, WPC Treatment USA, (ABC順)

皆さんがいて、今の私があります。本当にありがとうございます。 これからもまだアレコレ難関を迎えると思いますが、どうかお力添えをよろしくお願いいたします。


日本での活動についてはスケジュール、都合が許せば、昨年とても面白かった「WIDE OPEN CAMP」に講師として参加させて頂きたいと思っています。(←すいませんが、まだわかりません。)


他になんとか月イチでブログを更新していますが、これよりも動画をあげていきたいなと思っています。




KFRは実質「プライベーター」として活動をしています。マイペースでの活動となってしまう部分はどうか御理解頂きながら、これからもせっせとダートトラック・ファン、オートバイ・ファン、自動車ファンを増やしていく所存です。これはモータリゼーションにおいてとても大切な活動と考えています。ブログが皆さんご自身において考えて頂ける機会となれば幸いです。



読んでくれている皆さんにはありがとうございます。


ではまた。





PS:追伸にて失礼します。今回MFJの方々にもご配慮を頂きました。ここに感謝を記しておきたいと思います。どうもありがとうございます。

アメリカン・ダートトラック体験プログラム について他。

IMG_5618_result.jpg
ミッドアメリカ・スピードウェイのトラック・エントリーから望むターン3。
ジャレッド・ミーズと談話しているクリス・カー。走っているのはジョー・コップ、デビッド・アルダナ(※画像外)。







続きを読む
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。