ft ダートトラック通信

二輪、四輪の文化、生活、ダートトラックの情報をアメリカ・インディアナ州インディアナポリスから発信。

少々作業

20171116035759717.jpg

FTWのエキゾーストパイプを外してみました。内側の焼け具合、なかなかです。

Jet nut

ジェット機に使用するためのナットなので、呼び名がそのまま「ジェットナット」。制作中のポルシェ962に使用するものです。

通常のナットより肉厚が薄くできているのが画像からお分かりになるでしょうか?

軽量、そして強く出来ています。

ジェット機は膨大な数のネジを使用するので、こういった小さな部品の重量も見過ごす訳にはいきません。

レーシングカーは航空力学が多用されていますが、車体の軽量化という観点から部品にも共通項があるんですね。

レース用オートバイの世界でもチタン製の軽量ボルト&ナットが重宝されますが、車体の最低重量制限ルールが厳しくなっている昨今、あまり着目もされないようです。いずれにせよ自分のマシン全てに使いたくなるような、魅力のある部品です。

近況報告?




20170826_170747-2.jpg
アロウズ・ポルシェのF1、レストアの為入庫した車体です。


当時のドライバーは…
20170902_161339.jpg
ミケーレ・アルボレート(イタリア)


睡眠時間の代わりにこういったロマン、ストーリーを持った車に出会っています。寝てる場合じゃないでしょう。


20170826_171849.jpg
庶民的なショットを一枚。グラウンド・クリアランスはこんなもんです。










続きを読む

こうして日本に感謝している人が、地球の反対側にもいます。


久々の更新になります。ここ半年程になりますか、PCの前に座る時間も満足になく更新が滞っています。ご容赦ください。


-------------------------------------------------------



先日ユダヤ系アメリカ人の青年に会いました。(インディアナ州はドイツ系移民が多数を占める州です。)


「第二次世界大戦の頃、ドイツ人祖父がホロコーストから逃れるために日本行きのビザを発行してもらい、日本を経由してアメリカに渡ったんだ。弾圧、虐殺で大変な時期だったらしいよ。」


てことは、杉浦千畝さんにビザを発行してもらったって事か!?


「そういう事なのかな、とにかく日本へ亡命できなかったら、僕も今こうして存在していない事になる。だから日本には感謝してる、どうもありがとう。」



そんなお礼を言われました。正直身に余る話の深さで、私に向かって言われても…と内心困惑しましたが、彼としてもどうにか感謝を表したかったのでしょう。



私だけの話にしておくのはもったいないので、皆さんにお伝えしておこうと思いました。

続きを読む

KFRツイン・ダートトラッカー画像 (スプリングフィールド戦 2016 アーカイブ)



27317618486_a8ecac048e_z.jpg
プラクティス待機中。


2016年の全米選手権スプリングフィールド戦から早いもので一年が過ぎようとしています。
あの時写真を撮ってくれていた方々が幾人かいて、ふたつのサイトに上がっているのを見つけました。


楽しんでもらえたらと思います。
続きを読む
次のページ

FC2Ad